木の芽の香を味わう

筍が出てくるのに合わせたように新芽を出す「山椒」。

山椒の芽摘むや山椒の香にまみれ (畠山譲二)

春が来たなあ~と実感します。
新芽は今の時期だけ、直ぐに葉は大きくなり茎が固くなる。

新芽は茎のまますり鉢で擦って味噌と味醂を入れまた摺り、火を入れる。
山椒味噌です。
若葉をそのまま使うときは、軽くパンと掌で叩きます。
香りが一層強まります。

魚づくしの膳に添へらる木の芽和 (鈴木幸枝)

今週の昼カフェは「木の芽」がテーマです。

木の芽尽くし

・春菊&三つ葉のお浸し/おかか (家の物)
・筍&紋甲いかの木の芽和え
・だし巻卵/木の芽
・さわらの木の芽ソース&焼椎茸
 
 ソース:木の芽、酒、オリーブオイル、塩少々に漬け
 生椎茸に醤油、酒をし、うずらの卵を割り入れ塩少々
 グリルで焼く
・木の芽田楽/大根・こんにゃく・木綿豆腐
・真鯛の吸い物/木の芽
・ご飯/塩・白すりごま・木の芽
 (何で右に置き直したの?)
・蜆の佃煮

デザートは自家製の桜餅にお薄です。(写真撮り忘れ)
スポンサーサイト
[ 2017/04/21 14:17 ] 料理 | TB(0) | CM(2)

美味しゅうございました。

ご飯は左にあるのが自然ですねぇ!
右利きなら・・・・。
[ 2017/04/21 17:40 ] [ 編集 ]

みっちゃん

右・左利きにかかわらずご飯は左、お汁は右。

高談でしたね。低談・中談もある。
片寄ったらいかんよね。
[ 2017/04/21 19:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/889-4a19b65f