八重桜咲く

八重咲く

4月も、もう半分が過ぎた。
東京に転勤となった娘家族も少しは落ち着いたようだ。
孫は下が小学校に入学、上は4年生、心配していたが、学校の雰囲気は
福岡よりはよいようで、何とか適応しているようだ。
花盛りの桜のもとでのスタート、先ずは一安心。

ソメイヨシノは盛りを過ぎて、大方散った。

遅れ咲くこと貫禄の八重桜 (鷹羽狩行)

残るは八重桜だけだが、ここ数日の春爛漫のポカポカ陽気で開花しだした。
咲き始めから満開期まではおよそ1週間前後だから、来週の日曜が一番の見どころだろう。

山桜に対して人里の桜ということから「里桜」とも呼ばれる。
また花の形から「牡丹桜」とも呼ばれる。

八重だけに一重の桜と比べ、派手であり、優雅さを放っている姿は圧巻である。

花言葉は“おしとやか” どこが?
連休までもってくれればいいのだが・・・
スポンサーサイト
[ 2017/04/16 11:49 ] 草木 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/886-4b7ebd3a