清明(せいめい)

亀鶴公園

今日は、二十四節気の一つ「清明」です。
春分から早や15日が経った。

万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也(歴便覧)

「清浄明潔( しょうじょうめいけつ )」とは、
暖かくなり、空は青く澄み、爽やかな風が吹き、全てのものが清らかで
生き生きとする頃という意味です。
それを略したのですね。

♭みどりのそよ風 いい日だね ちょうちょもひらひら 豆のはな・・・
♭吹け そよそよ吹け 春風よ 吹け 春風吹け 柳の糸に・・・
♭さくら さくら やよいの空は 見わたす限り・・・


次の世代を担う新社会人には、生き生きと伸びやかな成長を祈りたい。

ご本家中国では清明節、日本のお盆のような日です。
お墓参りや散策を行います。
「掃墓節(そうぼせつ)」「踏青節(とうせいせつ)」とも呼ばれ、祝日です。

沖縄では「清明祭(シーミー)」といい、中国の風習と同様に、親戚縁者が揃って
お酒や料理などを持って墓参を行い、墓前で祖先と共に宴会をします。
皮肉にも今日は沖縄県が誕生した日でもある。
名実ともに清明となればと願うばかりである。

ひと日野に清明の気をほしいまま (仙石君子)

清明どおり、今日は全国的に穏やかに晴れて、春本番の陽気です。
端午の節供飾りにも最適な日です。

◆「七十二侯」◆

●初候(十三候):玄鳥至(げんちょういたる・つばめきたる)  
  玄鳥(つばめ)が繁殖のため、東南アジアからやって来る頃。
  玄鳥とはつばめの異称。
●次候(十四候):鴻雁北(こうがんきたす)(きたす=かえる)
  冬を日本で過ごした雁が北へ帰って行く頃。鴻雁とは渡り鳥のがん
●末候(十五候):虹始見(にじ はじめて あらわる)
  雨の後に虹が出始める頃。

スポンサーサイト
[ 2017/04/04 10:29 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/876-24e19234