節分(せつぶん)

座敷全景

「鬼は~外、福は~内」

今日は「節分」です。節分と言えば「豆撒き」。
節分は本来、季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のこと。
だから年に4回あります。
旧暦では立春から新しい年が始まっていました。
立春の前日、大晦日の大事な魔除け、邪気祓いの行事でした。
だから節分といえば、この日を指すようになったのです。


立春大吉

豆撒きは「人に疫病をもたらす鬼を追っ払い、来るべき年に福を求める」という
中国、明時代の「追儺(ついな)」という鬼払いの儀式の風習。
室町時代頃に伝わってきました。

鬼が痛がるため、玄関に柊の枝を掲げたり、悪臭で追っ払うよう焼鰯やニンニク、
ねぎを刺しておく所もあります。

豆まきは、元来は米だった。
大豆になったのは穀霊が宿る、五穀の一つで米より大きく、扱い易いこと、
大豆を「 魔目(まめ)」と読み、鬼の目に豆をぶつける。
「魔滅(まめ)」と読み魔を滅する という語呂合わせなどの説がある。


新玄関

玄関棚

テーブルコ

短冊テーブルコ2

近年広まったのが「恵方巻き」。“福を巻き込む”ということで巻き寿司を丸かじりする。
大阪の海苔問屋が広めた風習であり、商売のためと嫌う人もある。
神様のいる縁起が良い方角、恵方に向かって食べる。
今年は「北北西やや北」だ。

福を切らない理由から丸のままというが、礼儀も作法もない。
最近TVでビールを瓶のまま飲むシーンを見かけるがこれも格好いいとは思わない。
恵方巻きは昔、遊女にやらせた遊びでもあるらしく、丸かじり、私はやらない。

今世界を丸かじりしている鬼がはしゃぎ踊っている。
鬼才であればいいが、礼儀・作法も知らない大統領だ。
“退治てくれよう桃太郎”と全世界の良識人が立ち上がっている。

豆まきや役者のうちの昔ぶり(中村吉右衛門)

白鳥神社節分祭
白鳥神社の節分祭(1月29日)四国新聞
スポンサーサイト
[ 2017/02/03 06:48 ] 室礼 | TB(0) | CM(2)

立春大吉

今日は恵方巻を食べました。
入れ歯では丸かじりも大変なので10に切って!
明日は立春ですが、
「立春大吉」は吾が意も得たりです。
春遠からじ、大吉を引いたような気がします!
[ 2017/02/03 22:06 ] [ 編集 ]

みっちゃんへ

夫婦水入らず。
二人で恵方巻きをほおばる。
まさか1本ずつじゃないだろうね。
5切れずつならOK。
巻きずしは高カロリーやからね。

「立春大吉」は左右対称。
人生バランスが大事やね。
夫婦のバランス、遊びと働きのバランスや。
[ 2017/02/04 09:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/834-972a4401