FC2ブログ










小正月

 餅花床の間








 松とりて世ごゝろ楽し小正月(几董)
 女正月集ひて洩れもなかりけり(山崎ひさを)



今日15日は「小正月」、今や関西でも「小正月」の風習は無くなり、“小正月って何?”って感じである。
かつて元服の儀は小正月に行っていたことから、1月15日は成人の日(今は1月の第2月曜日)になったが、
成人式の方が話題性が高い。
小があれば大がある。元旦または元日~1月7日までを「大正月」という。

なぜ二つも正月があるのか?
1873(明治6)まで使われていた暦(旧暦)は月の満ち欠けを日付の基準にしていたため、1年の最初の満月の日、
1月15日が正月でした。
しかし、新暦が採用されてからは、1月1日を1年の初日としました。
そこから「元日を大正月」「15日を小正月」と呼ぶようになったのです。
旧暦の時代においては15日までが「松の内」だったのです。
今では7日までですが、15日とする地域も残っています。名残ですね。

大正月は男正月、小正月は「女正月」「若正月」「二番正月」「望正月」「花正月」などとも言われます。
女正月、主婦は暮れから松の内は忙しく働き、小正月くらいは家事から解放してあげよう、ねぎらう意味でこう呼ばれたのでしょうか!
地方によっては、男が家事一切を行い、男子禁制の「女の酒盛り」と呼ばれる酒宴を開くところもあるそうです。
でも今は共同の時代ですから区分する意味合いも薄れてきました。
大正月の「門松」に対し、小正月には「餅花」や「繭(まゆ)玉」を神棚や床の間、玄関の土間などに高々と飾ります。
「餅花」は、枝垂柳の枝に小さく丸めた餅や団子を沢山つけたもので、稲の花を表し、穀物の豊作を祈ります。
「繭玉」は餅花の一種で、蚕の安全を祈り、良い繭ができることを願います。


餅入り小豆粥

したたかに挟み上げたり粥柱( 李山)
炉の上の小豆匂へり小正月 (杉崎あさ)


また15日の朝には、鏡開きのお餅を入れた小豆粥をいただきます。この餅を「粥柱」と呼びます。
「土佐日記」や「枕草子」などにも記されています。その年の無病息災と五穀豊穣を願い食べる風習です。
スポンサーサイト



[ 2020/01/15 07:40 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1599-a581f5d3