FC2ブログ










子の置物

子の置物女賀母より

今年も福岡の親戚から干支の置物が届けられた。
博多人形師、溝口堂央(とうよう)氏が製作したものである。
毎年限定60個しか作らない。その一つ、貴重なものである。
これで酉、戌、亥、子と四つ揃った。
どれも師独特の作風、デザインも色使いも淡い柔らかさが滲み出ている。
十二支揃えばどんなにか素晴らしいだろう。後8年かかるが生きていられるだろうか?
新年一番の楽しみである。


溝口師は日本伝統工芸会の正会員である。
正会員は日本伝統工芸展で4回以上入選しないと資格は与えらない。
博多人形師の第一人者である中村信喬の内弟子として入り修業。
これまで西部工芸展、伝統工芸人形展、与一賞展、日本伝統工芸展などで数々の受賞に輝く。
九州国立博物館にも出展されている。
平成26年からは師の後継となり、博多祇園山笠中洲流の昇山笠の製作も行う。
スポンサーサイト



[ 2020/01/08 07:12 ] 作品 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1593-678e279d