FC2ブログ










讃岐路は春隣

早梅の撥ねたる一枝たのもしや (澤村芳翠)

元旦に国の特別名勝「栗林公園」で梅の花が開花した。昨年より11日遅いが、平年と比べると19日早い。
大晦日には松山市で開花、全国で2番目の速さだ。
松の内に花の兄とはおめでたい。

梅探す麺の下から初日の出(井田康夫)

めでたいといえば、縁起物のさぬき発、「年明けうどん」がフィーバーしている。
赤色のあん餅をのせたり、明太子をのせたりと種類も多くなった。
県外客も多く訪れている。年明けうどんを食べて、太く長く健康に過ごしてもらいたい。
15日までですので、お早めに・・・紅白のうどんを食べて、梅を愛でる、なんともおめでたいものだ。

蝋梅の香の一歩づつありそめし(稲畑汀子)

散歩していても黄色い「蝋梅(ロウバイ)」がひときわ目に付きだした。
冬は花の少ない時期だけになおさらだ。
蝋細工のような透明感や光沢がとても可憐に映る。
"Winter sweet"と言うとおり淡い甘い香りも魅力だ。

湊川横の蝋梅


新春早々から嬉しいニュースが飛び込んできた。
今年は東京五輪が開催される。日本といえば「TOKYO」ばかりがフローズアップされる。
地方はどうか、京都や奈良、札幌、仙台、名古屋、金沢、大阪、広島、福岡、沖縄・・・
いやいや2020年は「TAKAMATSU」なのである。
旅行予約サイト世界大手のブッキングドットコム(オランダ)が発表した「2020年に訪れるべき目的地10選」に、
高松市が国内の都市で唯一選ばれた。全世界の中で10の指に入ったのだ。
また、旅行価格比較サイト・スカイスキャナー(英国)の「2020年に注目すべき新興目的地トップ10」の3位に高松市が入った。こちらも日本からは唯一の選出である。
何故か?
瀬戸内国際芸術祭や「現代アートの島」の成功が大きく貢献している。
今や「直島」の世界での知名度は群を抜いている。四国や香川は知らなくても直島は知っているのだ。
交通アクセスの良さや宿泊施設への評価なども高く、旅行トレンドともマッチしたという。
サイトでは、高松市を「うどん王国であり、四国の玄関口の都市」と紹介した上で、「活気に満ちた食文化や風光明媚な景色に興味のある旅行者に最適な港町である」などと評価。
国の特別名勝・栗林公園については写真入りで、「絵画のように美しく必見」と説明。市内の旅館も取り上げている。
(1/4四国新聞TOP記事から抜粋)
最近は大型客船の寄港も多い。“東京五輪に合わせて高松へ行こう”が世界のキャッツフレーズになれば最高だ。
その他名はハードより“おもてなし”ソフトが大切、県民総力あげて取り組まなければならない。
スポンサーサイト



[ 2020/01/05 07:37 ] 地域のたより | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1590-4cd07847