FC2ブログ










同窓生と3年ぶりの再会

現在、横浜に住んでいる高校時代の同級生が昨日3年振りに訪ねてくれた。
学生時代の同期会が鳴門であり、その足を延ばしての帰郷だ。
郷里に既に家はないが墓参と高松にいるお姉さんと再会するとのこと。
でも昨日は時間を取ってくれ11時過ぎから21時という長時間にわたって今昔話で盛り上がった。
同級生というのはやはり特別な存在である。

この年になるとまずは元気か!必然的に健康の話になる。
40人いた同級生は既に10人も亡くなっている。彼は「か行」の者ばかりだという。指摘されると確かにそうだ。
一緒に来た同級生と同じ喉の病気を患っている。蓄膿症もあるが、あとは至って健康であった。
お互い「か行」でない。 安堵・安心?

関東を襲った2度の台風は風雨ともに激しく自然の怖さを感じたという。
特に19号は風が強く、地震も重なり家が潰れるのではないかと思ったという。
香川県は「災害に強い」ランキングで、滋賀、佐賀に次いで第3位に位置し、災害の意識、危機感は非常に低い。
彼がそう思うのも無理はない。

地域のサークルにも参加しているようだが、中でも災害時における資格を取得したという。
緊急時の避難所の設営や運営では管理署、さすが元ゼネコン屋さんだと感心させられた。

家系が私で絶える、主治医からは80才も生きられたらいいではないかと言われた。
最近の歌にも「物忘れ」や「ぼけたらいかん長生きしなはれ」がある。また「これからの人生」「人生に乾杯」などといった我々世代の共鳴を誘うものが多いなどと話していた。
すると彼曰く、「最近、長寿番組“笑点”のお題で話題になっているのがある知っているか」と問われた。
知るわけがない、それは「18才と81才の違い」それが滑稽なんだという。
早速PCを開いた。
●道路を暴走するのが18才、逆走するのが81才
●心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才
●偏差値が気になるのが18才、血糖値が気になるのが81才
●受験戦争を戦っているのが18才、アメリカと戦ったのが81才
●恋に溺れるのが18才、風呂で溺れるのが81才
●まだ何も知らないのが18才、もう何も覚えていないのが81才
●東京オリンピックに出たいと思うのが18才、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才
●自分探しの旅をしているのが18才、出掛けたまま分からなくなって 皆が探しているのが81才
●「嵐」というと松本潤を思い出すのが18才、鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81才
なるほど言いえて妙だ。

そうだ、18歳時といえば、東京オリンピック、高校三年生だった。同級生と会えばついこの間のような気がする。
あの世に旅立つのが81才か!81才はあっという間だ。
話は尽きないが彼をホテルまで送っていった。早朝高松に行き、友人とお姉さんに会い帰京する。

今日は「祝賀御列の儀(祝賀パレード)」の日だ。
「即位の礼」のあった先月22日に予定されていたが、台風19号による甚大な被害を考慮し、延期されていた。
約4.6キロのコースを約30分かけてパレードする。
11月10日は由緒ある日である。江戸幕府が朝廷に政権を返上した「大政奉還」、1867(慶応3)年10月15日、
新暦では11月10日になる。大正天皇と昭和天皇の即位の礼がこの日に京都御所で行われたのだ。

彼とは別れる際、再会を誓い握手を交わしたが、次は何時になるだろう。
ブログを見るのが楽しみだという。最近地域の話題が少ないとの指摘も受けた。
当面はブログ交流、生きている証だ。お元気で、蓄膿直せよ。
スポンサーサイト



[ 2019/11/10 08:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

笑点は好きな番組

18歳と81歳の違い?
流石焦点のメンバーの回答です!
まだ十数年先のことですが納得してしまう。
お互い歳をとりましたなぁ・・・!!
[ 2019/11/10 18:16 ] [ 編集 ]

みっちゃんへ

そうですなぁ~青春も会社も遠くなりました。

夢を語るのが18才、終わりを語るのが81才
社会に飛び立つのが18才、あの世に飛び立つのが81才

無常ですな~ でももう少し頑張りましょう
[ 2019/11/11 10:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1544-c3187b66