FC2ブログ










海水はしょっぱい

「日本の渚百選」に選ばれているさぬき市津田の松原、10日に海水浴場海開きをした。
だが、梅雨寒で人もまばらである。海水浴客で賑わうのは少し先か!

讃岐は海岸、昔は白砂青松が長く続き本当に綺麗だった。
広い干拓、雨が少ないという気象条件から塩づくりが盛んで砂糖・綿と並んで“讃岐三白”、
かつては「塩田王国」と呼ばれていた。

子供の頃、屋島を汽車で通るとき、高さ5~6mはあろうか、竹の枝で組んだ流下式の塩田が壮大に映った。
それ以前は朝ドラ「まれ」で見られた「揚浜式塩田」、「まんぷく」では「入浜式塩田」が主流だった。
海水を汲んで鉄板でというので入浜式というのはいささか?

ところで海水は何故塩っぽいのか!
海水の塩分濃度は3.5パーセントで、舐めるとかなり塩辛い。
一つ目が、地球に海ができた直後からしょっぱかったという説。およそ46億年前のできたばかりの地球は、熱い溶岩のかたまりで海もなかった。それが、次第に温度が下がり、空気中の水蒸気も冷えて雨が降るようになった。
雨は空気中の塩素ガスを溶かして流れ、塩素を含んだ水が大地にたまった。また、この頃の大気は、火山から噴出したガスで満ちていたが、火山ガスを含んだ雨は、岩を溶かす力もとても強い。
そのため、岩石や土に含まれているナトリウムが溶けて海に流れ込み、塩素と結びつくことで塩化ナトリウムを含んだ海ができたというのだ。
もう一つが、地球に陸ができてから徐々にしょっぱくなったという説。
地球に陸ができたのはおよそ27億年前で、陸地の岩や土に含まれていた塩素やナトリウムが雨によって溶け出し、海まで運ばれた。海水が太陽に照らされると、水分だけが蒸発する。これが何億年も繰り返されるうちに、塩分濃度が徐々に濃くなったというのだ。
海の水は常に蒸発しているが、それがまた雨になり、川になって海に戻るため、地球に生物が出現して以来、塩分濃度は変わっていない。(雑学総研)

地球温暖化で南極や北極の氷が溶け、海水が増えて、海水面が上昇することが心配されている。
濃度だけでなく色々な影響が起るだろう。それが心配だ。
スポンサーサイト
[ 2019/07/17 09:44 ] コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1452-01703510