FC2ブログ










カラオケ

7日の夜は晴れだった。月は出ていたが天の川は見ることが出来なかった。
梅雨時分は空気も澄まず望むことは難しい。一か月後の旧七夕に期待しよう。

今日は知人からカラオケに誘われている。
一人生活、一日中、物言わぬ日もある。生活習慣病のデパート、老化も進みつつある。
どんな薬より効果があるではないか!と古希を機会に始めた“カラオケ”。

YouTubeと家庭用カラオケ「JOYSOUND」を導入し楽しんでいる。
過去の曲、新しい曲合わせて録音した曲は1000曲を超えた。

新曲を 覚え続けて ボケ知らず

今年に入って元日にリリースされた「漁火街道」(椎名佐千子)から覚えた新曲も既に100曲近くになった。


みちのく恋桜 (津吹みゆ)
倖せの隠れ場所 (北川大介)
そやけど (浅田あつこ)
おんな泣き港 (永井みゆき)
神戸の女 (岩出和也)
恋々津軽 (北野まちこ)
北のウミネコ (キム・ヨンジャ)
ステキで悲しい (前川清)
青い瞳の舞妓さん (川野夏美)
螢火哀歌 (岡ゆう子)
不滅の愛 (北岡ひろし)
夜桜ブルース (長山洋子)


これら6月新譜もPCM録音した。

メモを持ち 帰って見れば 買い忘れ

65歳以上の5人に1人が認知症。
でこういう事も次第に多くなってきた。果たして効果はあるのか?と思うこの頃である。

もの忘れ 身につまされる 歌詞があり

5月15日リリースされた新田晃也が作り、歌っている「もの忘れ」という曲がある。

近頃めっきり もの忘れ
どうしてこの場所 俺はいる
薬は飲んだか 飲まなかったか
昨日の約束 ぽとりと落ちる
こんな俺にも 懐かしい
あの顔この顔 あんちくしょう
元気でいるか 変わりはないか
あかねの空に 声かける

あんまり世の中 気ぜわしく
忘れてしまえと 追い立てる
それでも昔が 遠のくほどに
想い出ばかりが くっきり浮かぶ
惚れた女を 待っていた
雨降る街角 傘もなく
覚えているか 幸せだろか
あかねの空を 見ているか

話の合わない 息子たち
娘のおしゃれは わからない
時代の流れを 嘆きはしない
親子は一生 つきあいだから
おまえ生まれて 灯がともり
誰より誰より 可愛くて
忘れるものか 生きてるかぎり
あかねの空の 果てまでも

  
  歌手:新田晃也 作詞:石原信一 作曲:新田晃也

気に入って歌っている。ソウルフルに歌いたいが・・・なかなか難しい。
さて、今日は何を歌うか・・・梅雨・・・テーマは“雨”か!
スポンサーサイト
[ 2019/07/09 06:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1445-de78ced6