FC2ブログ










夏越しの祓(なごしのはらえ)

夏越の祓 冷泉家写し

水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶといふなり(拾遺和歌集)

祓とは罪や穢れ、災厄などの不浄を心身から取り除くための神事である。
全国の神社で6月末、12月末に行われる。その歴史は古く1000年以上も前から行われている。
なぜ、2回なの?1年と言えば12カ月、今は当り前ですが、昔は一年は6カ月、1~6月末で一年が終り、
7~12月で次の一年が終わる。いわば1年が2回あったのです。
年末の行事、その名残、今では6月末の「夏越しの祓」の方が強く残っている。
別名「名越の祓」「水無月祓」「川祓」とも言う。

形代にさらばさらばとする子かな (一茶)
茅の香のまづ立ちてきし夏祓 (中司信子)


各神社では、
大祓祝詞を奏上⇒切麻(きりぬさ)でお祓い⇒紙の人形(形代:かたしろ)に名前を書き、体を撫でることで厄災を
人形に移し、奉納清流に流す⇒茅の輪くぐり⇒直会(なおらい)、 神酒を戴き神饌を食する。
概略こうした行事が行われる。


白鳥宮 茅の輪
白鳥神社の茅の輪くぐり(東かがわ旅ナビ)

神社によって異なるが、一般的には「祓い給へ 清め給へ 守り給へ 幸え給へ」と唱えながら、
①茅輪の前に立ち、一礼 ②左に回って茅の輪の前に立ち、一礼 ③右に回って、茅の輪の前に立ち、一礼
④もう一度、左に回り、茅の輪の前で一礼と、3回くぐり抜けます。


水無月菓子道明寺

夏越しの祓に併せ、関西、特に京都では「水無月」という菓子を食べる習慣がある。
白い外郎(ういろう)の生地の上に小豆を乗せ、三角形に切り分けたお菓子です。
6月30日は氷室開き、宮中や幕府では氷を食べ暑気払いをしていた。
庶民は高級品である氷を入手することは困難、その代用品がこの菓子。
白い生地、三角は氷を表したもの、小豆は邪気払いの意味でのせられている。
ういろうでなく、清涼感を出すため道明寺羹にしました。

明日からは7月です。いよいよ夏本番、お体ご自愛の程
スポンサーサイト
[ 2019/06/30 09:48 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1438-1ca2ba7d