FC2ブログ










初冬

紅紅葉紅落葉

初冬なほ 紅葉に遊ぶ 人等かな (高浜年尾)

夜半から雨が降り続いている。予報では50%、時雨なのだろう。
最低気温は13度、最高は19度、初冬としては暖かい。

「初冬」は“しょとう”とも“はつふゆ”とも読む。
大凡11月から12月の中旬頃までを指す。
地方の気候にもよるが、寒くなってきたが、まだまだ真冬という感じではない。
冬始め、冬浅しということだ。

初冬の風物詩といえば、奈良公園の「鹿寄せ」、1日から始まった。
大根干し、干し柿、アワビ漁、干しだこ、こも巻き、最近は見かけなくなったがたき火、マラソンなども風物詩である。


肱川あらし 肱川あらし予報情報サイトHP

♪非の打ちどころの ない人なんていませんよ
 こころに傷の ない人なんていませんよ
 川を 流れる 霧あらし
 町の灯りも ふたりの過去も
 隠してください 肱川あらし


初冬、四国の風物詩の代表格は「肱川あらし」。
作曲家 故船村徹氏の生前最後のリリース作品で、伍代夏子が歌ったことでさらに有名になった。
肱川といえば“鵜飼”で有名だが、西日本豪雨で氾濫し市内が冠水し甚大な被害が発生した。
早朝、大洲盆地で発生した霧が激流となって肱川河口の赤い橋から伊予灘へ向かって真っ白な霧が
一気に吹き出す自然現象である。
それは壮大で美しいことから地元では「白い龍」と呼んでいる。

初冬には「初」とつく季語も多い。
「初時雨」「初霜」「初雪」「初雪」「初氷」「初花」「初蝶」「初鱈」「初猟」など 

今夕は「しぐれ煮」にでも作ろうか。
スポンサーサイト
[ 2018/12/03 09:01 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1307-3025c102