FC2ブログ










「ひとの駅さんぼんまつ」オープン

ひとの駅全景パフ

髙松と徳島のほぼ中間に位置する「三本松」、1928(昭和3)年4月に「三本松駅」が高徳本線の駅として開業した。
三本松町から大内町となり、2003(平成15)年、4月に隣接する白鳥町と引田町の3町が合併し,、
東かがわ市となった。
駅南にあった大内庁舎は支所として使われていたが取り壊され、跡地に建設されたのが3階建ての
「ひとの駅さんぼんまつ」である。

1階は市の窓口業務・展示画できるルーム・貸部屋、2階は中核施設の図書館(とらまるにあった施設を移転)、
3階は災害の避難等にも活用できる展望施設である。
7224㎡の敷地内には、駐車場、遊具、民間が行う飲食2店舗がある。
目的は、「行政サービスの利便性向上と世代を問わず市民が気軽に集う場を提供するとともに、
文化的教養の高揚に資するため」とある。
利用時間は、午前8時30分から午後7時まで。

「提供する」という表現は如何にも役所サイドの言い方だ。「場にする」という覚悟がいる。
周辺にはスーパー、金融機関、商店街がある。これらと有機的に連携して相乗効果をどう産むか、
ハードを作った以上はソフトがより重要になる。
商売とは売ってからが本当の勝負が始まる。
行政にも商売感覚を持ってもらいたい。
一カ月後は閑古鳥にならないようにと願う。


バザーハーモニカ演奏
図書受付こどもコーナー
案内板展望
飲食店飲食看板

スポンサーサイト
[ 2018/11/25 14:06 ] 地域のたより | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1303-16677cde