FC2ブログ










十三夜

十三夜室礼

今夜は旧暦9月13日、「十三夜」です。
「十五夜」についで美しいとされ、宮中では平安の昔からお月見の宴が催されていた。
「十五夜」を「中秋の名月」「芋名月」と呼ぶのに対し、「十三夜」は「後の名月」「栗名月」「豆名月」、
また「女名月」とも呼ばれる。
日本古来の秋の収穫を感謝する風習である。
十五夜だけお月見するのは「片見月」と呼ばれ、縁起が悪いと嫌われます。
十三夜の月を拝むと、「成功」や「出世」、「財運」「子宝」に恵まれるとも言われている。

十五夜は生憎「無月」だった。今夜は全国的に晴れ、綺麗な月を拝めるようだ。
枝豆を食べながらお月さまを眺めよう。夜は長い。

枝豆は平安時代には既に食べられていた。
枝が付いたままか、枝のまま湯掻いて売られていたようだから、お供えも枝がついていたと思われる。
当時は「枝付き豆」と呼び、それが「枝豆」へと呼び方が変化したとされている。
今でも枝付もあるが、食べやすくサヤを外した状態で売られている。
枝豆は、未成熟な豆のことを指し、完熟すると「大豆」になる。
植物分類学上、大豆は豆類で枝豆は野菜類となっている。


お供え枝豆枝豆さや

同級生から親戚から送ってくれたと、日本一と呼ばれる高級ブランド枝豆「丹波篠山黒大豆」を一枝いただいた。
栽培が難しく、流通する期間が非常に短く、入手困難な代物である。
お供えしたあと、早速湯掻いた。説明書きでは12分湯掻けと記していたが、固めがいいと10分にした。
少し短くてよかった。


湯掻いた枝豆

サヤの中の薄皮が少し黒みを帯びています。
味見、黒豆特有の深い甘みと凝縮されたコク、ほっくり、もっちり・・・美味い。
月見をしながらと思ったが・・・ついつい手が伸び食べてしまった。
普通の枝豆を買おうか?丹波の後では・・・・?。
困った口だ。



十三夜18.10.21

十三夜の月です。
月齢12.0、左側がほんの少し欠けています。
昔の人は少し欠けている風情に心がくすぐられたのですね。
この風流心、現代人はどれだけ持っているでしょう。
十三夜? 知らないってか!!
地球から約38万km、そこに旅行する時代ですからね??
スポンサーサイト
[ 2018/10/21 06:18 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1283-fc2babd9