FC2ブログ










花梨(かりん)の実

花梨の木

かりんの実らしそのあたりなる香り(稲畑汀子)

♪花梨 花梨 実らぬ恋
 季節が過ぎてもただ香るだけ
 花梨 花梨 いつになれば
 白い薔薇になれるのかしら
 
   

         作詞:谷村新司


秋空に高きにありし花梨の実

庭の花梨が成熟し、芳しい香りが漂っている。
部屋に置いてもいい、車に置く人もいる。
新緑と紅葉が美しく、花も実も楽しめる思いから十数年前に植えた。
春に、5枚の花弁からなる白やピンク色の花を咲かせる。
果実は楕円形をして黄色である。今年は表年、多くの実がなった。
初秋に付きの悪い実は自然に落花する。3度の台風で半分以上落ちた。
生では固く、渋みがあって食べられないのが難点だ。

喉、咳止めに効くので、喉飴として売られているが、一般的には果実酒、ハチミツ漬け、シロップ漬け、ジャム、
ゼリーなどにする。
母が生きていた時は、かりん酒やかりんの蜂蜜漬にしていたが、手間がかかる。
今はもっぱら、生けたり香りを楽しむだけだ。実が重いので生けるのにはやっかいだ。

因みに生産量は香川県が一位、愛媛県が二位である。何故なんだろう?


花梨生ける花梨籠に
スポンサーサイト
[ 2018/10/11 08:34 ] 草木 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1275-82679bd3