FC2ブログ










秋果

秋に熟する果物の総称である。
みかん、梨、柿、栗、ざくろ、いちじく、かりん、あけび、りんご、ぶどう、キウイフルーツなどの柑橘類、レモン、
すだち、かぼす・ゆず、ライム、シークワーサー等々の香酸柑橘、さまざまなものが実りの時季を迎える。
「秋果」の言葉には、そんな秋の豊かさが込められている。

秋果

沈む色浮く色秋果盛られをり(岡田 貞峰)
秋果盛り合はす花より華やかに(原田紫野)
灯るや店の奥まで秋果積み(井越芳子)


でも秋果は年々不作になりつつあり、価格も高騰してきているように感じる。
今年は表年で期待していたのですが、ゲリラ豪雨や多発する台風、地震や長雨で収穫が減少、
品質にも影響しているようだ。
野菜類も同様、不作・高値で皆さん悲鳴を上げているのじゃないでしょうか。
本格的に収穫時期になる10月に期待したいのですが・・・
この日曜日には大型台風24号が日本列島を縦断する模様です。
これ以上の被害はもう沢山。

果物は古くは「菓子(果子)」と呼ばれた。
食事以外に食べる軽い食べ物のことを指していたのです。
甘いお菓子ができた後は「水菓子」と呼ぶようになった。
現在、水羊羹や水まんじゅう、くず餅、ゼリーなど水分が多いものを「水菓子」と呼んでいる。
本来の意味とは違うのです。

「食欲の秋」とはいえ年々苦くなる。
スポンサーサイト
[ 2018/09/27 09:27 ] 食文化 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1265-0191d4e4