FC2ブログ










新学期始まる

二学期の顔が前向き登校路(達山丁字)
夏まけの歩のふわふわと二学期へ(林翔 和紙)


県下大半の小中学校で27日、2学期の始業式がスタートした。
記録的猛暑を受けた熱中症対策として文科省は全国の自治体に対し、
夏休みの延長などの検討を要請した。
幸いに香川県の小中学校における冷房の設置率は92.3%と全国一。
因みに2位は東京都で84.5%、3位は滋賀県で77.9%)、延長する必要はない。
孫たちも日焼けした顔で元気で登校したことであろう。
埼玉の孫2、自由研究とした香川でのイルカ体験、うどん作り、
上手くまとめたられたのだろうか?

夏休みは水難事故が何軒か起こる。今年もだ。
私が子供の頃は海に海・山・川で遊びまわっていたが事故は殆ど無かった。
今は安全対策が講じられ、親も煩く言うから・・でも無にはならない。
安全・安心な学校生活を送ってもらいたい。

「9月1日問題」というのがある。
夏休みが明ける時期、子供たちの自殺が多くなるという。
何とショッキングな問題である。
ここ10年で見ても、8月下旬から9月上旬に急増している。
その要因は“いじめ”。
夏休みを楽しく過ごしたがまたいやな学校へ行かなければならない
いやだな~という不安定な気持、親も教師に相談しても仕方がない、
解決しないと思い諦める、それが引き金となって自殺に至るという。
昔もあったが質が違うように思う。陰湿かつ悪質である。
「いじめは犯罪」だという価値観、風潮を高めるべきと思うが・・・

一方、明るいニュースもあった。
武蔵野美術大と長岡造形大の学生が、長野県の小中学校で黒板に様々
なアートを描き、新学期に登校してきた児童生徒を驚かせた。
夏休みを終えて登校してくる子どもたちを元気づけようというアイデアだ。
教室に入った途端生徒は「何これ? きれい」「わあ、すごい」などと声を上げいた。
製作した大学生と交流の後、生徒たちが作品を消して笑顔で授業に臨んだ。
数日に渡って描いた絵もあっという間に消されたが心温まる爽やかなニュース。
美大生にあっぱれを贈りたい。
スポンサーサイト
[ 2018/08/28 09:58 ] コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1243-aefa41ab