FC2ブログ










山の日・四国の祭り

今日11日は「山の日」。
山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」、国民の祝日である。
2016年から施行されている。
8月11日という日附に特に意味はないようだ。
7月第3月曜日の「海の日」が1995年に祝日として施行されてから21年後である。

赤富士も見せたし紺の夕富士も(深川正一郎)

海そのものに世界遺産はない。山は日本のシンボル“富士山”がある。
幸は海だけでない、山もあるぞ、山の神は“何故差をつけるのだ!”と怒っているだろう。

かつて部下を登山の途中、滑落で失ったことがある。
防災ヘリや地元自治体・警察・消防団、従業員の方々などに多大なご迷惑をかけた。
昨日のような防災ヘリの事故もある。
年々登山愛好者が増えているが、事故だけはないよう。安全を祈る。

一方、食べ得、お買い得の“山盛り”、これは歓迎だ。
期待している方も多かろう。


ふるさとの波音高き祭かな(鈴木真砂女)

四国路は「夏祭り」一色である。
9日には「高知よさこい祭」が打ち上げ花火で華々しく開幕。
今回で65回目、206チーム、約1万8000人の踊り子が参加する。
10・11日は鳴子踊りの本番、12日には後夜祭と 全国大会が開かれる。
高知勤務の際や都市対抗野球の後楽園球場で踊った踊りと今とは全く違う。
「よさこい」とは、「夜に来い(夜さ来い)」、「ヨイショコイ」、「よってらっしゃい」など諸説ある。

10~12日は「松山まつり」。
初日は野球サンバ、2~3日目は、野球拳おどりが盛大に行われる。
12~14日「さぬき高松まつり」、12~15日が「阿波踊り」と四国は踊り一色に染まります。
阿波踊りは日本三大盆踊り(秋田の西馬音内盆踊り、岐阜の群上おどり) の一つ。
えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、
            踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」

約400年の歴史がある“阿波踊り”。
目玉であるフィナーレを飾る「総おどり」が今年、中止になった。
赤字とチケット販売?それこそ“阿呆”だ。

盆踊り」は向こうの世から帰ってくる先祖の霊を慰め、
これを送るために、こちらの世の者が集まって歌い踊る「おどり」。
その中で13日からは「月遅れのお盆」を迎えます。
スポンサーサイト
[ 2018/08/11 05:12 ] コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanbonmatu431.blog122.fc2.com/tb.php/1231-5ea25373