FC2ブログ










半夏生(はんげしょう)

半夏生起居も雨に馴染みけり (岡本 眸)

昨日来からの「虎の雨」、さめざめとどころか大雨をもたらしている。
今日は「半夏生」、雑節の一つ、夏至の末候、七十二候の一つでもある。
夏至から数えて11日目の7月2日から七夕までの5日間が半夏生。


半夏からすびしゃく半夏生の花
左が「半夏(烏柄杓)」、右が「半夏生」(tenki.jpより)

「半夏」とは「烏柄杓(からすびしゃく)」という植物(サトイモ科の薬草)のこと、この烏柄杓が生える頃から
「半夏生」と呼ばれる。この日までに田植えは終えなさいという目安です。
この日以後田植えをしても収穫が減少することから「半夏半作」という言葉もある。

ややこしいが「半夏生」という花(ドクダミ科の薬草)もある。「片白草(かたしろくさ)」ともいう。
半夏と同じころ花を咲かす。葉の数枚の一部、しかも表側だけが白くなることから「半化粧」、転じて「半夏生」
となったと言われている。これまた毒草である。

麦の収穫と田植えを終えた農家では半夏生の5日間は働くことを忌み、休みをとります。
餅を搗いたり、団子や寿司、麦こがし、まんじゅうなどを作って食べるなど、各地で様々な食文化&習慣が
伝わっている。昔の人の知恵ですね。

ここ讃岐では、香り高い新麦の粉で打った「半夏うどん」と粒あんをまぶした「はげだんご」を手伝ってくれた
人達に振舞います。バラ寿司やタコ入りの胡瓜の酢の物を加えたりも・・・

半夏うどんとだんご

7月2日は「うどんの日」です。
「半夏うどん」の風習にちなみ、香川県生麺事業協同組合が1980(昭和55)年に制定しました。
毎年高松では1000食のうどんの無料接待が行われます。
スポンサーサイト
[ 2019/07/02 06:20 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(2)