FC2ブログ










冬の花木

冬木の桜

はつ雪の わづかうれしや 誰もしる(猿雖)

昨日は今冬一番の寒さ、初雪も降った。
でも10分程度、積もるには程遠い降りだった。
子供の頃は雪合戦をしたが・・・温暖化か、平地で積もることはなくなった。

水仙の こち向く花の 香をもらふ(中村汀女)
さりげなく 咲きたる梅の さかりかな(久保田万太郎)


厳しい冬の寒さの中、甘い香りを漂わせ、純白の花を咲かしいる水仙と寒梅、
春の先触れの花、凛とした姿は目を奪われます。

哀れさは殊に桜の冬木立(游刀)

方や冬の桜は、枯れ姿になる。「枯桜」という言葉もあるくらいだ。
満開の桜を面影に黒々とした幹や四方八方に伸びた枝々は寒さに耐えうる力を感じる。
春に向って準備しているのだろう。これもまた趣だ。


ほんだ公園の梅
桜・梅とも「ほんだ公園」にて撮影(19.1.21)

スポンサーサイト
[ 2019/01/27 12:06 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)