FC2ブログ










蚊(か)

まざまざとわが血の匂ひ蚊を打つて(能村登四郎)

いやな蚊の季節がやってきた。
梅雨だから庭にはたっぷりと水分があるから次々と孵化するのだろう。

洗濯物を干していると、草取りをすると、露地に立つと・・直ぐにブ~ンと寄ってくる。
少しの時間だけだからと虫除けスプレーをしないでいると決まって数か所噛まれている。
低体温だし、もう血も美味しく無かろうに、血を吸うのは雌だから??
蚊取りアプリもあるというが、効くのだろうか?何かいい手はないものか・・・
ムヒやウナは必需品なのである。

つり初(そ)めて蚊帳の薫りや二日ほど(花虫)

子供の頃は蚊帳を吊って寝ていた。
もう蚊帳の中で寝た経験のある人は少なかろう。
「蚊帳ってな~に?」今や死語になりつつある。
あの青臭いようなにおい、ざらっとした感触は今もって忘れない。
「蚊が一緒に入らないよう素早く入れ」父によく言われたものだ。
蚊帳の中は何だか別世界にいるような感じだった。
そういえば、蛍が舞い込んだこともあった。

まだ3つ程残っている。
古い家には吊り紐を掛けるためのフックもある。
虫干しも兼ねて出してみるか!
半世紀振りに昭和の懐かしいにおいを嗅ぎながら昔を懐かしむのもまた楽しいかも。

蚊帳フック


蚊遣火の煙ただよう座敷かな

蚊遣火(かやりび)、これも死語かも知れない。
蚊取り線香のことだ。
金●の夏 日本の夏」のCM、覚えている方も多かろう。
昭和40年代初めに売り出された渦巻型の蚊取線香である。
主原料は除虫菊である。
これを契機に蚊帳は家から無くなった。
あの独特の匂いも嫌いじゃない。

自作蚊取器

その後、ベープの愛称で流行った電気マットから液体方式へと発展、
今では火を使わないワンプッシュ型や吊り下げ型まで進化している。
でも蚊取り線香は今でも愛用している人は少なくない。
庭に出れば蚊は多いが家は殆どいなくなった。
サッシ・網戸のお蔭でしょうか!
スポンサーサイト



[ 2018/06/17 08:03 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)