FC2ブログ










夏越しの祓(なごしのはらえ)

降神の太鼓一打や夏祓(白井新一)

1年の丁度折返し、今日6月30日は、「夏越の祓」と呼ばれる
神事が各地の神社で行なわれます。

大晦日の「年越の祓」ほどの派手さはないが、半年の穢れを祓い清め、
残り半年の無病息災を祈願する神事である。

三つほどの行事がある。

一つは「茅(ち)の輪くぐり」
神社の境内に作られた大きな茅萱で作った輪の中を
「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延(の)ぶというなり」
と唱えながら8の字を書くように左・右・左と3度くぐり抜けます。
茅の輪をくぐることで、病気や災いを免れることができるとされている。

白鳥神社茅の輪
白鳥神社(東かがわ市より)


形代にうつす現身息をかけ(福田蓼汀)

二つ目は「人形(ひとがた)」 。
人の形を模した紙の形代(かたしろ)を身に撫でて身に付いた穢れを移し、
水に流したり、納めたりします。
藁などで人形を作るところもあります。

人がた


水無月と聞きて菓子舗も回りけり(大沢桂月)

三つ目は6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」を食べる。
外郎(ういろう)生地に小豆をのせた三角型のお菓子です。
三角の形は暑気を払う氷を表しており、小豆は邪気払いの意味があるとされ、
無病息災を願う縁起の良いお菓子です。


水無月菓子

生地は本葛、白玉粉、上新粉、薄力粉のブレンドに砂糖と水を加え蒸し、甘納豆(本来ならぬれ甘納豆)をのせ、
1割ほど残しておいた生地を回しかけ再度蒸し上げました。

スポンサーサイト
[ 2018/06/30 07:39 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(2)