FC2ブログ










夏越の祓( なごしのはらえ)

歳月流るる如し
早、1年の折返しである。

神社では、無病息災を願い厄除けをする夏の風物詩、「夏越の祓」が行われる。
神社の参道に大きな茅の輪(ちのわ)が設置されます。
茅(ち=かや)とは、茅萱(ちがや)、菅(すげ)、薄(すすき)などの総称です。

一般的には「祓い給へ 清め給へ 守り給へ 幸え給へ」と唱えながら、
①茅輪の前に立ち、一礼。②左に回って茅の輪の前に立ち、一礼。
③右に回って、茅の輪の前に立ち、一礼。④もう一度、左に回り、茅の輪の前で一礼。
と3回くぐり抜けます。「茅の輪くぐり」と言います。
そして神前まで進み、二拝二拍手一拝の作法でお詣りします。
神拝詞もくぐり方も神社によって異なります。
男性右三度、女性左三度という所もありますので神社で確認されてからお詣り下さい。

茅の輪 東かがわ東方見聞録より
ご当地、白鳥神社の茅の輪、高さ1.8メートルで、右巻きと左巻きの二つ輪を重ねています。

身あかりや紙人形にせゞ御祓( 荷兮)

人形(ひとがた)」を使って厄落を行うところもあります。
人形とは、人の形を模した紙や藁など形代(かたしろ)です。
人形に自分の名前や年齢などを書き、それで体を撫でて人形に罪やケガレを移し、
身代わりとして神社に納めたり、川に流したり、篝火を焚いたりして厄を落とします。
流し雛と同じです。


人型
冷泉家ではススキの葉を人の形に結んだ人形を使い、和歌を3度唱えながら
人形で体を撫で、ハァーと息を吹きかけて水に浮かべます。
それに習いました。

そして「水無月」を食べて厄落としをします。
ういろうの上に邪気を祓うあずきがのった三角形のお菓子で、三角形は氷を表しています。
無事に夏を越すためのエネルギーを補給の一面もあるのです。

水無月
生地はういろうでなく、道明寺羹にしました。

夏越にちなんだ新しい行事食「夏越ごはん」が話題になっている。
雑穀ごはんの上に、「茅の輪」をイメージした、緑や赤の旬の夏野菜を使った
丸いかき揚げをのせ、おろしだれをかけたものです。
今日は「夏越ごはんの日」。
左回り食べて、右回りに食べて・・の作法は無いようである。


夏越ごはん 夏越ごはんHP

水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶといふなり(拾遺和歌集)

今日は神社でお祓いをしたあとは、「夏越ごはん」と「水無月」を食べて、
暑い暑い夏を元気に乗り切り、健やかな一年の後半を過ごしましょう。
スポンサーサイト



[ 2017/06/30 07:18 ] 季節のたより | TB(0) | CM(0)