穀雨(こくう)

ぼたん 牡丹(季節の花)300)より

春土用に入り、これから徐々に夏が生成されていきます。

春雨降りて百穀を生化すればなり(暦便覧)

今日は「穀雨」です。
百穀を潤す春雨ということ、「百穀春雨」とも言います。

今春は雨が多かったように思いますが、穀雨以降はさらに雨の日が多くなります。
しかし気象庁の10日間天気では晴れの日が多い予報です。
ゴールデンウィークの天気が気になりますね。

日本人は農耕民族、昔から穀物を大切に育て、一粒も残さぬように食べよと、
教育されてきた。
最近の食の多様化、いや乱れといった方が適切かもしれない。
家庭の味、おふくろの味も遠のいた。
食育、穀育という言葉も遠のいた。
ニッポンこれでいいのか!
“日本を、取り戻す”と言ったのは誰だ。
経済も大事だがむしろ危ないのは文化だ。

種床にしみ込んでゐる春の雨 (池崎るり子)

春に降る雨、日本語にはいろいろな言い方があります。
・「春雨」は、しめやかに静かに降る雨
・「春時雨」は降ったり止んだりと定まらない雨
・「春の長雨」は、しとしとと何日も降る続く雨
・「菜種梅雨」は、菜の花などの花々が咲く頃の長雨
・「春驟雨(はるしゅうう)」は、激しく降るにわか雨
・「催花雨(さいかう)」は、花の開花を促すように降る雨
・「甘雨(かんう)」は、草木の成長を促すようにやさしく降り注ぐ雨
春の長雨、菜種梅雨は「春霖(しゅんりん)」ともいいます。

春土用は季節の変わり目、17日の入りの日は戌です。
「い」のつく物を食べましょう。
いわし、いか、だいこん、いも、いちご・・などです。

28日は昭和の日、GWに突入です。
来月に入り2日は「八十八夜」、5日は「立夏」です。
季節は青春からやがて朱夏に向かいます。

◆七十二候◆

初候(十六候):葭始生(あしはじめてしょうず)
  水辺の葭が芽吹き始める頃。
 葭は夏に背を伸ばし、秋に黄金色の穂をなびかせます。
 すだれをだす季節の到来です。

次候(十七候):霜止出苗(しもやみてなえいずる)
 霜は作物には大敵ですが、もう降りなくなります。
 苗がすくすくと育つ頃。田植えの準備が始まります。

末候(十八候):牡丹華(ぼたんはなさく)
 「百花の王」と言われる牡丹が大きな花を咲かせる頃。
 “立てば芍薬座れば牡丹”です。

スポンサーサイト
[ 2017/04/20 08:29 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)