春野菜3種戴く

水野君頂き物

今が旬の春野菜をいただいた。 
全て自家栽培、自然のものだ。

掘りたてといふ筍の甘さかな (稲畑廣太郎)

」少し遅いのではと思われる人がいると思うが、孟宗竹は今が最も美味しい。
朝掘りだ。
京都の料亭では店に隣接して竹林がある。
採った瞬間からアクが出るため、2時間以内に調理をするからだそうだ。
時間勝負、掘り立ちは皮を全て剥いで水から湯掻く。
ヌカなんか必要ないのだ。
穂先はワサビ醤油で、中央部は若竹煮に根元は焼くか揚げ物だ。


笠の内しめらせてをる春子かな( 山野みどり)

椎茸」は4月と10月が旬だ。
春は「春子」、秋は「秋子」という。
春子は秋子に比べ香りは劣るが味がいい。
シンプルに焼いてスダチ・醤油をかけて食べるのが一番だ。


たらの芽天ぷら揚げて独りといふさびしさ (鈴木真砂女)

桜の開花と重なる「たらの芽」、山菜の王様です。
最近は栽培ものが出回っていますが、天然ものには比べようもない。
たらの芽はタラの木の頂上に芽が付いている。
3~4mもあるので高枝ばさみなどの道具がないと採れない。
春だけの貴重な食べ物である。
やはり、天ぷらが一番だ。
ほのかな苦み、もっちりした食感が何とも美味である。

スポンサーサイト
[ 2017/04/11 10:42 ] 食材 | TB(0) | CM(2)