四月八日

花御堂

今日は「山慰み」「祖霊祭り」「卯月八日」「花見八日」などといって
山の神が田へ降りてくるのを迎える祭りの日です。

「山慰み」は、一般に「春山入り」「山開き」などと言われ、山の神様を迎えに山に入ります。
山で花を摘んで持ち帰る、それが花見とされました。
持ち帰った花の一部は高い棹の先に花を結びつけて家の外に立てておきます。
それを「天道花」とか「高花」といいます。
地方によっては苗代の水口に立て「水口祭り」をします。
神が里に下りる際の依代なのですね。

そして、お花をもってお墓参りをします。
先祖供養をするのですね。

田に降りた神は、桜に宿ります。
丁度桜花爛漫の時節、昔は八日の日に豊作を祈り、桜の下で「花見」をしたのです。

「卯月八日に種まかず」、今日は、田畑に出て仕事をせずにお祭りをする日なのです。

現在では、四月八日と言えばお釈迦様の生まれた日を祝う「花祭り」として
よく知られています。
古くは「潅仏会(かんぶつえ)」「仏生会(ぶっしょうえ)」などと呼ばれていました。

お釈迦様が誕生した時、梵天と帝釈天の二人が受け止め、
お釈迦様に甘露水を注いで清めました。
その瞬間、お釈迦様右手を天に向け、左手を大地に向け、「天上天下唯我独尊
と言われたのです。
それを、潅仏会といって、花御堂の中に、生まれたばかりのお釈迦さまの仏像を置き、
さらに、産湯につかったとされる甘茶をかける法要が全国各地の寺院で行われます。
花祭りといわれるようになったのは近年です。

わらべらに天かがやきて花祭 (飯田蛇笏)

最近のお母さん方は,幼稚園や保育園で園児が甘茶を頂く日として,
初めて花祭りという行事を知った、という人も多いようです。

灌仏会は寺院の行事だけではないのです。
昔は山寺に詣ったり、山で花を摘みんだり、そのお花をお墓に生けたりして
先祖供養をすることが民間の灌仏会だったのです。

これら四月八日の行事・風習は習合しているのです。

スポンサーサイト
[ 2017/04/08 07:56 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)