観桜茶会

栗林公園のソメイヨシノがようやく開花した。
高松地方気象台によると、平年より5日遅く、 昨年より7日遅い。
4月に入っての開花は2012年以来5年振りである。

満開予想日は4月9日(日)である。
先月末からライトアップしているがヤキモキしたことであろう。
ライトアップは9日で終了する。
もう少し伸ばしたらどうなの?

今日は“与田寺”の「観桜茶会」に行った。
東かがわ市の茶道諸派による恒例の茶会である。
今回で八十八回、歴史ある茶会である。

昨日と打って変わって春らしい陽気、絶好の日和である。
ただ問題は肝心の桜がない。
与田寺の桜は3月16日に紹介した“涅槃桜”なのだ。
既に散って葉のみになっている。
観桜は名のみである。

待合で待たされるのは嫌なので9時開始に合わせて行った。
与田寺本坊でのお茶席は本席が裏千家、副席は武者小路千家社中が務めていた。

待合には、かがり火で照らされた美しいしだれ桜のお軸の下に「会記」があった。

会記

う~ん、お道具としては地元の作が多く、特段気を引くものはない。(失礼)
副席は出さないことになっている。

先に副席に、お茶よりもお庭に気を奪われる。
本席は幼少の時から馴染みの先生、内でも長らく教えていた方である。
合えば今もって“ぼっちゃん”と言われる。
大勢だったので目立たぬ席にそっと座っていた。

茶道人口の減少が言われて久しいが、最近は若い人が多くなってきた。
こんな田舎でも外人もいる。
そのことが嬉しい茶会であった。



与田寺は、奈良時代739(天平11)に行基が開いた由緒ある寺院である。
与田寺と言えば何と言っても蓮生善隆氏、与田寺住職を経て真言宗総本山善通寺法王を務められた。
惜しまれながら平成17年1月に他界された。
娘さんと私は中・高の同級生だった。奈良の信貴山に嫁いでいる。
数年前同窓会で何十年かぶりにお会いした。元気でなりより。

真言宗善通寺派別格本山、さぬき七福神の一つであり、四国八十八箇所総奥の院であるが、
「厄除けの寺」として有名である。年末年始には多くの人が訪れる。
ここには江戸時代中期に建てられた4畳半の由緒ある茶室があるが、そこは使わせてくれないようだ。
スポンサーサイト
[ 2017/04/02 19:03 ] 地域のたより | TB(0) | CM(0)