知足心自平

知足 指名落款
  
特徴のある素晴らしい書体です。

出典は良寛上人の詩集「方外君莫羨」である。

方外君莫羨  方外(僧侶のこと)を君羨むこと莫れ
知足心自平  足るを知らば心自から平かなり
誰知青山裡  誰か知らん青山の裡に(青山裡とは悟りすました僧侶の心の中)
不有虎与狼  虎と狼と有らざらんや(虎与狼とは人間の欲のこと)


「僧侶になれば欲望が無くなるわけではない、悟りすましたように見える僧侶の心の内にも、
欲望の煩悩は有る。大切なのは足るを知ることで、知足ならば心は自から平静になる」
という意味である。

禅には「少欲知足(しょうよくちそく)」という言葉があります。
「欲を少なくして足るを知る」という意味です。

中国の諺には「知足常楽 能忍自安」という言葉があるようです。
「足るを知れば常に楽しく、よく忍べば自ら安らぐ」と読みます。
不満不足は欲から生じるもの、現状に満足すれば楽しく暮らせる。
不足を辛抱忍耐すれば平穏な生き方ができる。
ということです。

人間は衣食住、全てにおいて好いものを求め欲しがります。
自分より好い生活やいい物を持っていると羨む。
人間の欲には限りがありません。

欲望を追い続ける限り、結局、人は幸せにならないのですね。


この書は高野山真言宗総本山 金剛峯寺 第408代座主、同別格本山 持明院住職、
故竹内崇峯(すうほう)大僧正猊下の肉筆である。
勿論、前出中川義博大兄の所有物である。

第406代座主は、三幅で紹介した森寛紹猊下、その二代後の座主である。
森寛紹猊下が金剛峯寺の座主だった時、竹内猊下は大僧正として
「寺務検校執行法印」を務めていた。
法印とは弘法大師の身代わりとなって山内行事の導師を務める、という
高野山内だけに関する宗教上の象徴的な重職です。

平成2年11月15日、第408代座主に就任、平成6年11月14日までの4年間座主を務めた。
竹内崇峯猊下と言えは、高野山奥の院浄域にお釈迦様のご遺骨(佛舎利)をお祀りした
「佛舎利宝塔」を建立されたことで世に知られている。

中川大兄は懇意だった故蓮生善隆氏(真言宗善通寺派前管長)から紹介を受けている。
蓮生氏と竹内猊下は高野山大学で同級生の好であった。
こうしたことから中川大兄と竹内猊下との間には長いお付き合いがあった。

この書は座主を退任された後、記念として竹内猊下から賜ったものである。
だから作者名には前管長と、落款白文印にもそう記されている。

それにしても大兄の世に知れた賢人との知遇、その多さは感服の至りであります。

「知足」いい言葉です。
座右の銘の一つに加えました。
スポンサーサイト
[ 2017/04/26 05:37 ] 作品 | TB(0) | CM(0)