FC2ブログ










久々の同期会

一昨日は同期入社の懇親会に2年半振りに参加した。

病気の影響で皆とは久しぶりの再会であった。
昭和44年入社から「獅子の会」と名を付け、年に2回開催されている。

メンバーは高専卒以上で、現在32名。
主に四国在住であるが、それぞれ都合もあって、今回の参加者は14名であった。

昼の部はゴルフである。
ゴルフは30年間やったが、早期退職後は両親介護のため、クラブを置いたので欠席だ。

皆、病気のことを大変心配してくれ、口々に「お久し振り、どうなの?」と聞いてくる。
司会者の口切、乾杯の後、暫くして、近況について報告の場がある。

私は2番手。
発病発見から治療、寛解に至る経緯や近況、今後のことなどを話したが、
病気に対しての質問も多く、5分の予定をはるかにオーバー、迷惑をおかけした。

この年になると、病気や医療費、年金の話が多くなる。
次いで孫のこと、趣味の順だ。

病気のことはさておいて、
Iさんは郷土史研究、U君は山登り、
T君は関係会社社長退任後、ご夫婦で海外旅行三昧。
A君は、多種の果樹栽培、皆から次回には持って来いよ!との意見が、
I君は調停委員を終えたがさらに依頼、S君は会議所会頭でまだ多忙らしい。
N君やH君は趣味とボランティアにと皆多彩だ。
T君は社及び経済連合会の会長、暫くは現役で活躍してもらわなくてはならない。

欠席のK君は介護・ボランティア、I君は旅行、U・S・F君は孫の世話、
S君は病気、他の方はやんごとなき所要のためだった。

人生も第三コーナーを過ぎ、直線コースに入った。
人生には定年がない。
一日一生、健康寿命を長く保つためにも、食事と運動には気を付けましょう。

次回は11月、幹事のD・T両君にはご苦労ですが、引き続きよろしく。
[ 2017/04/29 09:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)