讃岐一刀彫~ミニ達磨~

根付

尊敬する中川義博兄から讃岐一刀彫の「ミニ達磨」を頂いた。
“病気治癒の魔除けにどうぞ”というわけだ。
何と有難いことか、四国霊場への祈念といい感謝の念に堪えない。

香川県には伝統的工芸品が多くある。
国指定の「香川漆器」、蒟醤(きんま)・彫漆(ちょうしつ)、存清(ぞんせい)、後藤塗、象谷塗
の五つと「丸亀うちわ」は全国的に有名である。

その他にも木工・竹細工、一閑張、焼物、石製品、織物、染物、人形をはじめ、
数多くの伝統的工芸品がある。

一刀彫は宮大工が御残材を使って大黒などを彫り始めたのが起源といわれている。
伊勢や奈良、飛騨が有名であるが、どっこい讃岐を忘れて貰っては困る。
讃岐一刀彫は1837(天保8年)年、金刀比羅宮の旭社建立時に、全国から集まった
宮大工が彫の腕を競い合ったのが始まりと言われている。

素材はクスノキかトチの木、10年以上自然乾燥させた材を用い、
多彩なノミを駆使して彫ったものである。

頂いたのは達磨の根付である。
他には観音様、七福神、般若、天狗など縁起物が多い。
横15㎜、縦22㎜のごく小さいものであるが、見ての通り一刀一刀ノミの跡がある。
手彫り、一つ間違えばそれで一貫の終わりである。
彫るのには相当の熟練と集中力がいると思う。
一つひとつが世界に一つしかないのである。

彫られたのは元同僚の方である。
彫っている時は無心で居られるという。
また、その方が彫られたものには縁起がいいという言い伝えがあるそうだ。
何とその一つを頂いたのである。
貴重でこれほどありがたいことがあるだろうか。
私は一面識もないが、この場を借りて感謝申し上げたい。
お守りとして常に所持しておきます。

中川さんはお遍路旅の魔除けのオマジナイに携帯されるという。
併せて頂いた七福神の一つ「福緑寿(ふくろくじゅ)」は家に飾るのだそうだ。
きっと三徳が宿るだろう。
スポンサーサイト
[ 2017/02/26 12:23 ] 作品 | TB(0) | CM(0)