御朱印帳拝見


私の病気快癒を祈願も兼ね、26回目の四国八十八ヶ所霊場を巡礼、記念の散華
などを頂いた大兄「中川義博」さん。
去る10月3・4日のブログで紹介させていただいた。

その際、「西国三十三カ所観音霊場、真言宗十八本山巡り、奈良、京都、長野など
有名無名を問わず巡っておられる」と書いた。
昨日はその全ての「御朱印帳」を拝見する機会を頂いた。

「西国三十三カ所観音霊場」
京都、大阪、奈良、和歌山、滋賀、兵庫、岐阜に点在する33か所の観音信仰の
霊場で、巡礼行としては日本で最も歴史がある。
観世音菩薩とは観音が三十三の姿に変じて、慈悲と智慧によりすべての人々を
救済する仏である。
因みに、四国には「阿波西国三十三ケ所」 と「讃岐三十三ケ所」がある。

那智山「青岸渡寺」から始まり、牡丹の「長谷寺」、阿修羅像で有名な世界遺産
「興福寺」・「上醍醐寺」、紫式部ゆかりの「石山寺」、琵琶湖の眺望が素晴らしい
「三井寺」、清水の舞台の「清水寺」、桧の一本造りのご本尊「六波羅蜜寺」、
わが国最初の観音霊場「中山寺」など、三十三番は美濃の古刹名刹「華厳寺」、
そして三カ寺の番外がある。
この三十六カ寺を何と5回も巡礼されている。

「真言宗十八本山」
名の通り、真言各宗派の総本山・大本山十八カ寺である。
最大の総本山は無論「高野山」であるが、総や大と付くのが十八カ寺もあるのは
宗派が数多くあるためだろう。

一番は弘法大師生誕の地、香川の「善通寺」、西国の「中山寺」・「長谷寺」も入っている。
嵯峨天皇、華道嵯峨御流ゆかりの「大覚寺」、世界遺産の「仁和寺」・「醍醐寺」、
皇室の菩提寺である「泉涌寺」、京都の代表的な名所「東寺」、信貴山の毘沙門さん
「朝護孫子寺」、根来衆で有名な「根来寺」など、十八番は高野山「金剛峯寺」である。
香川・京都・奈良・和歌山・兵庫に渡る名刹ばかりである。


表側が終われば、裏側を使用する納経帳であった。
多くの寺院の墨書は力強く書かれ、かつ特徴があり、「御宝印」も興味を注がれる。
四国霊場では日付は入ってないが、年月日が入っているので何時参拝したのか
よく分かっていい。

他の納経帳には、
金閣寺、銀閣寺、高台寺、天龍寺、法隆寺、龍安寺、知恩院、鞍馬寺、延暦寺、三千院、
化野念仏寺、神護寺、寂光院、常寂光寺、東大寺二月堂、平等院、千光寺、薬師寺、
浅草寺、増上寺、善光寺、永平寺など歴史と由緒あるお寺ばかりであった。

一寺一寺じっくり拝見しながら其々のお寺のお話を伺った。
興味をそそることばかりで、その博識ぶりには感服の至りである。
御朱印は単に参拝の記念ではない。
ご本尊からの授かりもの、大兄の信仰の足跡として一生の宝物であります。

私はこれら多くの日本の名刹に行かずして一度に参拝させてもらったのである。
何と有難いことである。それぞれの納経帳に何度も頭を垂れた。

高雄の神護寺に参拝した際の話である。
「今は亡き住職の谷内清岳さんと直接話すことができ、厚かましくも書を所望した。
気楽に2つも書いてくれた。
奥様が出てこられ、私が三カ月前から箱書きを所望しているのに一向に書いてくれない。
あなたはどのように所望したのか」と驚いていたとのこと。
逸話を聞き、想像するに、お二人の話合いが余程“高談”であったためご住職は
気分が良く、大兄を大いに気に入られたのだろう、と思った次第である。

003_convert_20161129155331.jpg
26日に京都国立博物館に「特別展覧会 没後150年 坂本龍馬」に行かれた。
龍馬は言わずと知れた土佐の人、高知には博物館や記念館などに多くの
資料があるが、これらを含め長崎、下関、京都、東京、北海道、宮内庁など
から一同に集め公開したものだ。

大兄の話。
「今展は龍馬直筆の手紙に焦点を当て、彼の心根の真実に迫ることが
中心テーマだった。日帰りで全て見ることは無理、3日間は必要です。
兎に角龍馬は筆まめな人だと感じた。
武市半平太や桂小五郎、久坂玄瑞等の書簡、三吉慎蔵姪の春猪に宛てた書簡、
姉の乙女をはじめ、家族や友人に送った手紙、その中には妻のおりょうとともに
高千穂峰に登山した様子を描いたイラストもあった。
書もさることながら墨絵も旨い。
時に激しさもあるが、人に対する優しさ、気配りがこんなに出来た人だったとは驚いた。
京都の近江屋で襲撃された際の屏風などの黒ずんだ血痕も生々しい。
龍馬の愛用した刀もあった。かつて見た鞘は無かった」なども興味引く話を伺った。

巡礼中の一期一会、信仰と心、運などの話など気が付けば3時間余が過ぎていた。
京都のお土産まで頂いた。感謝あるのみです。 

拝見と話に夢中で納経帳をカメラに収めるのを抜かった。
スポンサーサイト
[ 2016/11/29 16:06 ] 和文化 | TB(0) | CM(0)