土用の丑

梅雨も明けて、いよいよ夏本番。今夏はどうやら猛暑日が多そうだ。
夏になると冬が恋しく、冬になると夏が恋しくなる。
身勝手は私だけか?

今日は「土用の丑」。
夏の土用の丑の日は元来、「う」のつく物を食べる習慣がもともとあった。
梅干し、うどん、瓜類などである。
暑い時季に体に良いとされていたからである。

それに「うなぎ」が加わったのは、さぬき市出身の平賀源内が仕掛けたもの。
冬が旬のうなぎは、夏は旨くなく売れなかった。
うなぎ屋から相談をうけた源内先生は、「“本日丑の日”」という張り紙を店に貼れと提案した。
これが当たったのだ。
俗説ではあるが、以来今日に至るまで夏の「土用の丑の日=ウナギ」が定着したとのことである。
「蒲焼」は夏の季語にまでなっている。
この日が来るとうなぎを食べたくなる。
考えれば不思議な食文化である。

うなぎは完全養殖が確立しておらず、天然の稚魚(シラスウナギ)を漁獲して養殖するしかない。
日本の大量消費、蒲焼の世界拡大もあってシラスウナギの採捕量は、ピーク時である1963年の
232トンから3.6トンと激減、極めて憂慮すべき事態にある。

すっかり「高嶺の花」になったうなぎ、土用鰻と浮かれている時ではない。
ますます食卓から遠のくのは間違いない。
絶滅危惧種に指定されてから2年余り、生態についても、少しずつ解明されており、
保護に向けた国際的な動きは強まってはいる。
種の保存に知恵と工夫が喫緊だ。

代用食品としてさんま、穴子、豚肉、ナスなどがある。
今年はナマズに熱い視線が注がれている。
果たして、うなぎ上りで代用品となるのか?

うなぎ屋には悪いが、一年中とは言わない。
天然物でなく養殖でいい、日本の食文化としてせめて夏の土用は代用ではなく、
本物を口にし続けられるようにと願うばかりだ。

うなぎ

土用丑 最後のうなぎか 思ひ喰う

うな重、う巻き、うざく、うなぎの吸い物(肝吸いや土用蜆じゃない)、トマトのワイン漬。
これに奈良漬を、デザートを土用餅を添えれば完璧だ。

今日は“なん(7)がさ(3)る(0)”「梅干しの日」でもある。
昔からうなぎとは食べ合わせが悪いと言われているが、これは食べ過ぎを戒める古人の知恵。
本当は相性がいいのだ。
スポンサーサイト
[ 2016/07/30 12:11 ] 食文化 | TB(0) | CM(0)