完熟カステラ

完熟カステラ

ソメイヨシノも間もなく満開を迎える。
孫たちは短い春休みを満喫している。
進級するから宿題はないのだろうか?

卵を半熟で子供に食べさすのは親が嫌うので、完熟カステラを作った。

今日3月31日は「年度末」。
といっても自由人にとっては特段の日ではない。

3・3・1、語呂合わせで“さんさい”、「山菜の日」だそうだ。
丁度芽吹きの季節、うまく考えたものだ。
ふきのとうは終わったが、つくし、うど、よもぎ、たらの芽、たけのこ、木の芽、
ふき、せり、わらび、ぜんまいなどが採れ出す。

「春の料理には苦味を盛れ」との諺があるように、春の山菜には独特の苦味がある。
この苦味が春を感じさてくれる。この苦味やえぐみが、体にとても良いのだ。

今頃になると数年前まではわくわくして山菜採りに出かけたものである。
山菜は採りに行くもの、最近ではスーパーなどで売っている。
びっくりぽんだ。
今朝は三つ葉を採って卵とじ、春だな~。
スポンサーサイト
[ 2016/03/31 08:40 ] 料理 | TB(0) | CM(0)