友人”トクさん”

トクさんは小・中学の同級生である。
当時彼は生徒は勿論、先生とも喧嘩するなど問題児であった。
事が起こればトク、だから悪ガキのレッテルを貼られていた。
昨年古稀と閉校を記念した小学校の同窓会で再会。
何と半世紀以上が経つ。

話せばその後地元の手袋企業に就職、自衛隊に入隊(帯広駐屯地)、
これからはファッションの時代と刺繍装飾に着目し、1968年に刺繍工業所を創業。
独学でレーザーカット刺繍機や立体刺繍を開発、特許を取得。
現在では国内外の有名ブランドや大手アパレルメーカーのパートナーとしての地位を
築き上げた。

2度の脳梗塞発症を機に事業は息子さんに任せている。
今は本宅と別荘海の家で悠々自適の生活を送っている。
特筆すべきは寒さが体に堪えることから、秋冬は一人東南アジアでバックパッカー
をやって過ごしている。
春夏は庭師、菜園、納屋や井戸まで自分で作るプロはだし。
パソコン技術も独自で習得。
こうした生活を十数年続けている。
DSCN9082[1]_convert_20160131091609 20151217_083321[1]_convert_20160131091642
別荘「海の家・眺望」

独自で作ったHP:http://hootentoku.boo.jp/index.htm
会社のHP:http://www.e-tanabe.net/

話をするにつれ彼の生き様には尊敬の念を超えたものがある。
同級生も色々いるが学生時代との乖離も含め傑出すべき友人である。

昨年の11月、北海道で射止めた奥様を亡くされ、今回の旅はさぞ辛かろう。
彼曰く「忘却の旅日」だそうだ。現在はミヤンマーの最南端にいる。

フーテントクさん、帰国予定は5月の連休明けだそうだ。まだ先は長い。
どうか健康には気をつけて元気で旅を続けて欲しいと願う。
スポンサーサイト
[ 2016/01/31 09:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)