十三夜に和菓子はいかが!

「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」 (暦便覧)

初霜が観測されるのはもう少し先ですが、二十四節気の第18「霜降」も過ぎ、
朝晩の冷え込みが肌に感じる今日この頃です。
山沿いでは少し木々が色づき始め、秋も深まりつつあります。
柿

今日は十三夜、後の月ですね。
十三夜
今宵の月は雲に見え隠れ、それもまたオツなものです。

十五夜の「芋名月」に対して、十三夜は、栗の収穫期から「栗名月」ともいいます。
栗を使った和菓子を二種作りました。
栗菓子
左は甘露煮の栗を道明寺で包みました。十三夜に見えるでしょうか?
右は栗を蒸して和三盆を入れ裏ごし、栗をイメージして茶巾絞りにしました。
月見に新酒ならぬ、月見菓子で甘い夜もいいもの、いかがですか。
スポンサーサイト
[ 2012/10/27 20:31 ] お菓子 | TB(0) | CM(0)