“サイタ サイタ サクラ が サイタ”

小学生国語読本
(戦前S8~S15年使用された小学国語読本)

一昨日、昨日と暖かかったせいか、桜が咲いた。
昨年より1日遅いが、生命のいぶき、自然界のおもてなしには感動を覚えます。
東京の都心でも今日開花したようだ。
初花1初花2

花と言えばサクラの代名詞。サクラは日本人にとって最も愛されている花だ。
日本列島を8割も占領しているのがソメイヨシノ。
花だけが樹木全体を覆っている。葉は花の後だ。
花と葉がいっしょに出るのがヤマザクラ。
河津や染井、豪華さはあるが、気品という意味ではヤマザクラに軍配があがる。

花も葉も光りしめらひわれの上に笑みかたむける山ざくら花(若山牧水)

ようやく咲いた初桜、満開の桜、散る桜そして一面散り敷いた桜花、花筏と
その美しさを堪能させてくれる。春たけなわのシーズン開幕。

母に今年も見せてあげたかったが・・・

さまざまの事おもひ出す櫻かな(芭蕉)

東北の被災地の方々も同じ思いあろう。
スポンサーサイト
[ 2012/03/31 22:22 ] 草木 | TB(0) | CM(0)