節分

後一週間で立春ですね。その前日2月3日が「節分」
今年は節分と旧暦の元旦とが重なっております。
暦の上の春の始まりは「立春」、1年の始まりですね。
4日が旧暦の元旦なら正に「立春正月」でした。

節分とは・・・
もともと立春・立夏・立秋・立冬の前日を指し、四季の分かれ目を意味していましたが、次第に立春の前日のみを指すようになりました。
旧暦で立春は正月、前日の節分は大晦日であたり、厄払い、邪気祓いの行事が行われてきました。また、季節の変わり目には、病気になりやすく病魔や悪鬼が横行すると思われてきました。
それを追い払う行事として現在でも豆まきの風習は年中行事の一つとなっており、各地の寺社では鬼追いの節分祭が行われています。

節分の室礼
玄関 お多福.
玄関台上
正月&鬼 立春正月
「立春正月」を現し、福を招く、両面から松、南天、稲穂、仏手柑を寿の酒樽に盛りました。
旧玄関 宝来楽土
焙烙の上の額には横に「厄除け」、縦には「焙烙」の語呂に合せて「宝来楽土」と書いています。焙烙に
焙烙の上蓋を開けると、紅・白梅の絵をあしらった丸く切り取った和紙が、更にその下には『立春大吉』と書いた短冊が現れます。
旧玄関棚 立子の句
飾り棚、「送らるる節分の夜のよき車」 (星野立子)

(参考)
●豆まきの4点 
豆、柊、鰯、あたり棒の四つです。
節分といえば豆まきですが、その由来は中国から伝わった「追儺(ついな)」の儀式にあるといわれています(別名鬼やらい)。
豆は魔目に通じ、鬼の目を打つためのもの。節分の夜に豆を煎った福豆を食べるのは、来る新春もまめ(達者)でありますように、との謂れからです。
柊の小枝に鰯の頭を刺して玄関先に飾ると、柊のとげと鰯の悪臭が鬼を退散させると言われています。あたり棒は鬼退治の武器となるものです。
豆まき4点1
豆まき4点2

●節分の風習
豆まき
節分には豆をまきます。一般には一家の主などが「鬼は外、福は内」と唱えながら煎った大豆を撒くことによって鬼を追い払い、厄災を祓う行事として行われています。
撒き終わった豆を、自分の年の数、あるいはそれに一つ加えた数え年分を食べます。
年豆などと呼ばれ、昔は豆撒きが年取りの行事であったことがうかがえます。

追 儺(ついな)
豆撒きの起源は疫病を払う追儺にあるといわれています。追儺は「鬼やらい」ともいい、中国では「儺(な)」と称し、遡ること紀元前14・15世紀、商の時代から行われていました。
この追儺の行事は疫病や災害を鬼に見立てて桃の弓や葦の矢、鉾と盾で追い払うもので、古代の中国では年4回、立春・立夏・立秋・立冬の前日に行われていたといわれています。
儺は除災と招福を目的とする信仰儀礼と民俗芸能が密接し、混在した習俗として今日でも中国各地で行われています。
日本へは平安時代に伝わり、宮中で大晦日に行われていました。
最初の節分行事は706年に行われたと記されています。
この年、諸国に疫病が蔓延したため朝廷が疫病退散を願い、追儺をしました。
中国では方相氏と呼ばれる熊の皮を被って扮装した呪師のことを、日本ではその異形から鬼と思い桃の弓や葦の矢で追い払ったといいます。
鬼追いの式は、寺院の修正会、修二会がその名残りです。

やいかがし
焼き嗅がしの意。臭気で鬼を追い払おうとするもの。 節分の日、家の入り口に焼いた鰯の頭や柊をさし、ニンニクや葱、毛髪を焼いて吊るす地方もあります。

豆 占(まめうら)
豆占とは年占(としうら)の一つで、節分の夜に豆の焼け方で一年の豊凶などを占おうとするもの。地域によって様々な方法があります。節分に限らず、歳末や小正月に行うところもあります。
その昔は小正月の粥占(かゆうら)とともに広く民間で行われていました。

恵方巻き(えほうまき)
恵方巻きとは、節分に食べる太巻きの事で主に西日本に多く見られる風習です。
節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かい、無病息災を祈りながら無言で太巻きをまるかぶり(「まるかじり」の意)するのが習わしとされています。
今年は「南南東やや右」の方角です。
巻き寿司に 「福を巻き込む」という願いを、切らずに食す事から「縁を切らない」という意が込められています。

(資料:室礼三千他)
スポンサーサイト
[ 2011/01/28 19:22 ] 室礼 | TB(0) | CM(4)