年末供

毎月の末日を晦日(つごもり)と言います。
"月が隠れる日"すなわち月隠(つきごもり)が訛ったものです。
12月31日は一年の最後の月の最終日なので大を冠して大晦日と言います。
大晦日から元日までの間に行われる行事を「年越し」と言い、正月との境目となる
年越しの夜が「除夜」、除夜に何を除くのかといえば、これは旧い年を除くという
意味で、除夜と呼ばれます。
一年の替わり目で、大歳・年の夜とも言います。
除夜は新しい年の始まり、年神様を迎えるために、心身を清め、
一晩中起きているのが年越しの習いでした。
昔は、年神を迎える神聖な物忌みの夜であったのです。

●除夜の鐘
一年の間に積もりに積もった煩悩を祓ってくれるのが除夜の鐘。
除夜の鐘の撞かれる回数 108回は、仏教思想で言う人間の煩悩の数だそうです。
人間には目・耳・鼻・舌・身・意の6つの感覚器官があり、
それぞれに苦楽・不苦・不楽の3種類を数えて18類。
それらをさらに浄・染の2つの程度に分けた36類を前世(過去)・今世(現在)・
(来世)未来に配当した108が人間の煩悩の数、ということです。

また、1年が、12ヶ月、二十四節気、七十二候で、これを全て合計した数字から
「百八つの煩悩」の数に結び付いたとも考えられています。
煩悩とは「心を惑わし、身を悩ませる」ものを言い、鐘をつくことでこれらの煩悩を
1つ1つ取り除いて清らかな心で正月を迎えようと言うわけです。

除夜の鐘の撞き方は、「旧年中に 107回、新年になってから 1回」撞きます。
これは、旧年中に撞く鐘で旧年中の煩悩が去ったことを表し、新年の 1回は新しい年
が煩悩に煩わされることが無いように願うものです。

ちなみに鐘(正式には梵鐘〔ぼんしょう〕)の表面には沢山のいぼ状の突起があります。
その突起のことを,乳首のような形から乳(ち,ちち,にゅうとも読む)といいます。
乳は単なるデザインではなく,音響効果を高めるためのものです。
多くの鐘は108個あります。煩悩の数と合わせたのでしょうね。

鐘、そんなに上手く撞けるわけがないですよね。現に裏のお寺もいいかげん。
108回も怪しいものだ。
皆さんも除夜の鐘、107回はさて置いて、新年の1回をチェックされたらどうですか。
玄関の除夜の鐘
不伯の句 白鳳の鐘

胴炭もおき心よし除夜の鐘
江戸後期の茶人。不白流の祖。川上不白の句
鐘は奈良薬師寺の「白鳳の鐘」

●年越しそば
大晦日に食べるものといえば年越しそば。新年の準備を終え、除夜の鐘を聞きながら
12時になるまでにいただきます。
そのルーツは江戸時代中期。月末に蕎麦を食べる「三十日(みそか)そば」という習慣
があり大晦日のみにその習慣が残ったものと考えられています。
細くて長い形状にあやかり長寿と幸福を願います。
それなら「うどん」でもいいじゃないかと、讃岐人は思うが、どっこい、そばの実は
邪気を払う三角形なので旧年の災厄を切る、などからそばは縁起ものなのであります。
またそばは風雨に叩かれてもその後の晴天で日光を浴びると元気になる事から縁起を
担ぐ人もいるようです。

さて、そばはそばでも、「さぬきのそば」はちょっと違います。
長野や江戸っ子が見れば、「何!これがそば?」
そば粉6割+中力粉4割+つなぎに山芋入り。太さは細うどん並。
さすがうどん文化の県。どうだ。
生そば
スーパーではこうして売られています。今日だけはさぬきうどんは控えです。

次は食べ方。汁は東西で違うのは当たり前。具も家庭によってさまざま、
ただ「葱」は不可欠。
「葱」は神社の神官の位で、「宮司」に次ぐ役職の「禰宜・ねぎ」に通じるので
「禰宜に今年一年をお祓いしてもらい、新年に備える」という意味が込められています。

私は関東の甘ったるい色の濃い汁で鶏南蛮にして食べる。
うどんはコシとのどごしが命だが、そばは箸で持ち上げるとたちまち短く切れる。
そばは香りを味わうからそれでいいのだ。
切れやすいから、一年の苦労や厄災を年内に断ち切ってしまう。これは屁理屈か!
我家の年越しそば
我家の年越そば

ところで、年越しはそばに譲るとして、うどんは太くて長いことから、古来より長寿
を祈る縁起物として食されている。
純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うと
いうことで、元旦から1月15日までに食べるうどんを「年明けうどん」として
地元麺業界が提唱、全国展開中です。
年明けうどん
皆さん、2011年の初めに縁起を担いで「年明けうどん」食べてみてはいかがでしょうか。
その際は海老天、金時人参の掻揚げなど紅い物をトッピングして下さいね。

今年一年、十二ヶ月の無事息災を感謝し、来るべき新しい歳も、どうぞよろしく
と言う意味を込めて、歳越し用の生蕎麦を中央に供え、十二個の丸餅を盛りました。
大晦日零時に取り払います。
「年末供」を心からお届けいたします。
年末供

生憎、日の出は望めそうもありませんが、皆さまには、どうぞよいお年が参りますよう、
お祈り申し上げます。
有難う御座いました。
スポンサーサイト
[ 2010/12/31 20:25 ] 室礼 | TB(0) | CM(0)