夏越の祓い

今日6月30日は「夏越の祓い(なごしのはらい)」ですね。
夏の風物詩ともいえる日本古来の風習で、1月から6月までの半年間の罪と
穢れを除き去るための祓いです。

素戔鳴尊(すさのおのみこと)が、高間原(たかまのはら)から追放されて
簸の川上に降りるに際して八百万神が素戔鳴尊に課した祓いがその起源と言
われています。

6月を夏越の祓い、12月を年越しの祓いといい、晦日に神社に参拝して
厄払いをし、年を改めようとする大祓として大切な行事とされてきました。

禊(みそぎ)、というと水で身体を洗い清めることが多いのですが、
夏越の祓は、茅の輪をくぐったり、紙製の人形や藁人形を海や川に流して
正月から半年間のケガレを祓います。

また人間だけでなく、牛や馬なども海水につかります。
神社によっては名前や年齢を書いた人形をそのまま海や川に流すのではなく、
灰にしたり、茅で包んだりするなどをして流すところもあるようです。


白鳥神社(東かがわ市)の夏越祭り
拝殿前の直径2m余りの茅の輪を3度くぐり、半年間の罪や穢れを祓う行事です。
夏越だんごの販売や花火も行われます。今年は7月31日。

白鳥神社夏越祭

無病息災を願い、茅の輪をくぐる参拝客



水無月菓子
「夏越の祓い」には、「水無月」という菓子をいただきます。
水無月は、白の外郎(ういろう)生地に小豆をのせ、三角形に庖丁された菓子です。
水無月の三角形は、氷室の氷を表し、6月朔日に氷室の氷を口にすると夏痩せしないと
言われていました。また、小豆は悪魔払いの意味を表しているようです。

水無月菓子

外郎と言えば名古屋、大須ないろが有名ですが主な原材料は米粉、
伊勢の虎屋さんは小麦粉、山口はわらび粉、徳島はもち粉と米粉のブレンド。
色々と試しましたが、私は上新粉7、薄力粉3がいいかな~と思うのですが・・

「和菓子」は、古代から日本人と共に歩み育まれてきました。
和菓子には、日本人の感性、自然感、歴史や技術が集約されており、
「和菓子」を楽しむことは、日本の食文化、生活文化を知うには最適。

ところで、あなたは、「粒あん派」?「こしあん派」?
スポンサーサイト
[ 2010/06/30 20:18 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(2)