FC2ブログ










東京国立博物館 限定菓子箱

香川県は今日も高気圧に覆われて晴れている。
午後は強い日射や湿った空気の影響で雷となる所があるとの予報だがその気配はない。
最高気温は35度、日本全国の熱中症情報は全て「危険」、皆さん気を付けましょう。

東京国立博物館の限定ギフト菓子詰合せを頂いた。そのお菓子缶の絵画が重文なので取り上げた。
東京国立博物館は明治5年(1872)に開館した、日本で最も伝統のある国立博物館です。
その収蔵品は国宝や重要文化財をはじめ多岐にわたる。

東京国立博物館菓子箱2

左は「七宝富嶽図額(しっぽうふがくずがく)」、明治26年(1893)、涛川惣助『なみかわそうすけ 弘化4年(1847)~
明治43年(1910)』作、2011年に重要文化財に指定。
涛川惣助は並河靖之(なみかわやすゆき1845~1927年)とともに明治を代表する七宝作家である。
千葉県生、東京を中心にして活躍、無線七宝による絵画的表現を特色とし、京都で活躍した並河靖之と共に二人のナミカワと並び評された。
夏の雄大な霊峰富士が題材,地色には淡い紫と鼠色の二色を混ぜ合わせ,画面中央に白雲が湧き上がる様を表す。明治26年(1893)のシカゴ・コロンブス世界博覧会に出品し,絶大な評価を得え、世界にその名を知らしめたという作品である。縦64cm、横113cm。
缶の中身はイタリア産の大粒栗を使用したブランディが香るマロングラッセ8個入りである。


(注)七宝焼とは、金属を素地にした焼物で伝統工芸技法の一つ。「無線七宝」とは、表面に金属線を使用しない技法。有線七宝と同じく植線により模様を描き釉薬を差すが、その後焼成する前に金属線を取り除いたもの。最初から金属線を使用しない方法もある。明治13年(1880年)に、濤川惣助によって考案された。これによって、ぼかしの技術が表現できるようになった。世界博には工芸品としてではなく、絵画として鑑賞された。

右は、桃山から江戸時代初期に京都で活躍した絵師・俵屋宗達の風神雷神を極めて忠実に模した、江戸時代最高の琳派絵師、尾形光琳(1658-1716年)50歳代作の「風神雷神図屏風」。
風袋から風を吹き出し風雨をもたらす風神と、太鼓を叩いて雷鳴と稲妻をおこす雷神の活動の姿を描写するユーモラスな絵画である。光琳の屏風絵の中でも特に重要視される作品の一つで、重要文化財である。
2曲1双、各166×183.5cm  缶の中身は赤坂柿山の米菓子である。

感謝感謝。
スポンサーサイト



[ 2020/08/12 15:12 ] お菓子 | TB(0) | CM(0)

白玉(しらたま)

白玉団子20

白玉のよろこび通る喉の奥 (水原秋櫻子)
白玉の冷めたくまろく亡母想ふ (泉 早苗)
団々として白玉の七つ八つ (日野草城)


白玉粉を水などで耳たぶくらいの柔らかさに練り、団子状にし、それを茹でて冷水で冷やし、
砂糖、密、みたらしなどを添えて食します。ガラスの器などに盛れば、見た目も涼やかである。

「白玉」は、昭和の味、懐かしく、そしてやさしい甘さを持っている食べ物です。
白玉粉は、もち米を夏場も保存できるように生み出された、日本人の知恵の産物である。
水の代わりに絹ごし豆腐を入れることでいつまでも柔らかく、モッチモチになります。

「心太(ところてん)」「葛切(くずきり)」「水羊羹」「蜜豆」、「葛饅頭」・・・すべて夏の季語です。
「甘酒」も夏の季語です。江戸時代には暑気払いとして町中を売り歩いた甘酒売がいたことから夏になったとか。

今日はご家族で白玉づくりをしてみてはいかがでしょう。
[ 2020/06/06 07:51 ] お菓子 | TB(0) | CM(0)

梅に鶯

栗林公園の梅 過去

梅一輪 一輪ほどの あたたかさ(服部嵐雪)
東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ(菅原道真)
人はいさ 心も知らず 古里は 花ぞ昔の 香ににほひける(紀貫之)


ここ数日は冬日が続いた。立春後は「余寒」、「春寒」、「冴返る」というが、暖冬だからこの言葉が適切かどうか?
今朝は曇りから雨模様と下り気味だが、暖かく湿った空気が流れ込んでいる。
東風(こち)吹かば・・・気温も上がり、今週は3月下旬から4月上旬並みとなる。

春の到来を知らせる花、梅が見頃を迎えている。春の花の中では最も香りが高い。
寒さが残る頃ということもあろうが梅は静かで清楚な趣がある。
なのか、梅の名所「栗林公園」の客の多くは女性である。

鶯の谷より出づる声なくは春来ることをたれかしらまし(大江千里:古今集)

9日からは七十二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」。「春告鳥(はるつげどり)」とも呼ばれる。
「梅に鶯」というとおり、梅の花にはつきものの鳥である。

うぐいす餅過去


黒文字を斜めに添へて鴬餅 (鷹羽狩行)

花や鳥もいいがやはり「鶯餅」のほうがいい。
鶯餅は鶯粉を使うから黄緑色である。
色からいえば「メジロ餅」?そう言えば、梅の枝にとまるのは鶯でなく、メジロだとの論議がある。
春を告げる菓子である。“鶯餅”命名したのは豊臣秀吉だとか。

白玉粉で求肥を作り、漉し餡を包み込み、鳥の形に見せるため、両端をつまみ、形を整え、鶯粉を振る。
両端のつまみが弱い、いや無いではないか! つまんだのが、時間が経って膨らんだのだ。

春の和菓子と言えば・・・・
「草餅」「わらび餅」「よもぎ餅」「さくら餅」「いちご大福」「花見団子」などが浮かぶ。
病気になるはずだ。
[ 2020/02/12 07:32 ] お菓子 | TB(0) | CM(0)

金平糖(こんぺいとう)

♪突然星が落ちてきた
 あわててすくった手のひらに
 小さく白い氷の粒
 記憶のかけらの金平糖
 私はそっとなめてみた
 ほんのり冷たく甘い
 口の中で転がすたびに
 角が痛い 金平糖
  
    

      歌・作詞 太田裕美


令和天皇の「即位礼正殿の儀」、饗宴の儀で記念品としてボンボニエールに入れ、配られた「金平糖」。
それは日本でたった一つの金平糖専門店、京都の「緑寿庵清水」製であった。

創業は1847(弘化4)年であるから創業172年と歴史のある店である。
皇室のご成婚の際にも必ず引き出物にも用いられる皇室御用達のお菓子である。
イチゴ、メロン、リンゴ、バナナ、モモ、ハチミツ、バニラなどの定番品、ワイン、ブランデー、チョコ、キャラメルなど
期間限定商品合わせて60種類余を取り扱っている。

緑寿庵清水のHPを見ると

●金平糖の由来
金平糖は1546年にポルトガルからもたらされた異国の品々のひとつで、中でもひときわ美しく人々の目を引いたお菓子だった。織田信長も宣教師から贈られ、その形と味にたいそう驚いたという。 当時はとても珍しく、公家や高級武士しか口にすることが出来ない貴重な品とされ、製造法はいっさい秘密でした。 日本で金平糖が作られる様になったのは、長崎を始め、京都、江戸と広まって、それ以降皆様に親しまれるようになった。
金平糖はレシピがなく、気温や天候によって蜜の濃度や釜の角度と温度、釜で転がる金平糖の音を聞き状態を見極めて五感を使いながら体で覚えていく一子相伝の技で、砂糖の金平糖が作れるようになるのにもコテ入れ10年、蜜掛け10年、20年かかる。
さらに砂糖に素材を加えると結晶しないというお菓子作りの常識をくつがえし、一種類16日から20日間かけて可能にした。60種類を超える金平糖の風味と色彩を熟練の職人が丹精込めて手づくりし、伝統と独自の製法を守り続けてきた。

●金平糖の語源は?
ポルトガル語の「confeito(コンフェイト)」。昔は他に「金米糖(こんべいとう)」とも言われた。関西などは「こんぺんとう」、関東より北の方では「こんぺいとう」と地方の方言によって少し違いがある。

●金平糖の突起物、イガはどうしてできるのか?
核となる0.5ミリほどの「イラ粉」が 直径2m、約200度の釜の上から下へ転がっていく時、鉄板に触れた部分の蜜が乾いて少し固いところができる。
そこがわずかに出っ張るため他の場所よりも蜜がつきやすくなり、突起部分が段々と大きくなってイガになる。釜が傾斜し回転しているので金平糖が転がり落ちていくことでイガが一か所ではなく何か所もできる。作り方に決まったものはないので、イガの数も決まっていない。 イラ粉に砂糖をまとわせて徐々に大きくしていくが完成までには2週間ほどかかる。


金平糖 サイダーと巨峰(緑寿庵清水)

昔懐かしいお菓子「金平糖」。誰もが一度は口にしたことがある金平糖。
あなたは何時口にしましたか?

[ 2019/11/27 09:39 ] お菓子 | TB(0) | CM(0)

鶯餅(うぐいすもち)

山際を散歩していたら、今年初めて春告鳥、鶯(うぐいす)の鳴き声を聞いた。
初音、「ホーホケキョ」もまだ頼りない。昔から「梅に鶯」といわれるが梅は無い。
梅の花の蜜を吸いにくると言われるが梅に留まっている姿は見たことがない。

見つけようとするが見つからない。大抵が見つけることが出来ない。
ならばと、帰って「鶯餅」を作った。

日本に茶のあり鶯餅のあり (大橋敦子)


鶯餅

究極のかたち鶯餅美しき (中市侑子)
からうじて鶯餅のかたちせる (桂信子)


鶯餅は漉し餡を白玉粉で作った求肥(ぎゅうひ)で包み、両端を少し尖らせ、青きな粉をまぶす。
中々形がうまく取れない。餅が軟らかいのかも知れない。何時もそうなる。

三つ指で鶯餅は抓むべく (小林鱒一)

上品に黒文字を使って食べるより指で掴んで食べる方が旨い。

指はみだらや鶯餅のきなこの黄 (鳥居真里子)

でもきな粉が手に着く。懐紙では取れない。ウエットティシュがいい。
茶会などもウエットティシュうを忍ばしておくと何かと便利なのでは・・・

うぐひす餅本日中に召されませ (竹内悦子)

日持ちはしない。無理して沢山食べると、鶯嬢のごとく腹が鳴く・・・?

鶯餅の名前の起源は、豊臣秀吉だというのが・・果たして。
[ 2019/03/04 17:37 ] お菓子 | TB(0) | CM(0)