穀雨(こくう)

ぼたん 牡丹(季節の花)300)より

春土用に入り、これから徐々に夏が生成されていきます。

春雨降りて百穀を生化すればなり(暦便覧)

今日は「穀雨」です。
百穀を潤す春雨ということ、「百穀春雨」とも言います。

今春は雨が多かったように思いますが、穀雨以降はさらに雨の日が多くなります。
しかし気象庁の10日間天気では晴れの日が多い予報です。
ゴールデンウィークの天気が気になりますね。

日本人は農耕民族、昔から穀物を大切に育て、一粒も残さぬように食べよと、
教育されてきた。
最近の食の多様化、いや乱れといった方が適切かもしれない。
家庭の味、おふくろの味も遠のいた。
食育、穀育という言葉も遠のいた。
ニッポンこれでいいのか!
“日本を、取り戻す”と言ったのは誰だ。
経済も大事だがむしろ危ないのは文化だ。

種床にしみ込んでゐる春の雨 (池崎るり子)

春に降る雨、日本語にはいろいろな言い方があります。
・「春雨」は、しめやかに静かに降る雨
・「春時雨」は降ったり止んだりと定まらない雨
・「春の長雨」は、しとしとと何日も降る続く雨
・「菜種梅雨」は、菜の花などの花々が咲く頃の長雨
・「春驟雨(はるしゅうう)」は、激しく降るにわか雨
・「催花雨(さいかう)」は、花の開花を促すように降る雨
・「甘雨(かんう)」は、草木の成長を促すようにやさしく降り注ぐ雨
春の長雨、菜種梅雨は「春霖(しゅんりん)」ともいいます。

春土用は季節の変わり目、17日の入りの日は戌です。
「い」のつく物を食べましょう。
いわし、いか、だいこん、いも、いちご・・などです。

28日は昭和の日、GWに突入です。
来月に入り2日は「八十八夜」、5日は「立夏」です。
季節は青春からやがて朱夏に向かいます。

◆七十二候◆

初候(十六候):葭始生(あしはじめてしょうず)
  水辺の葭が芽吹き始める頃。
 葭は夏に背を伸ばし、秋に黄金色の穂をなびかせます。
 すだれをだす季節の到来です。

次候(十七候):霜止出苗(しもやみてなえいずる)
 霜は作物には大敵ですが、もう降りなくなります。
 苗がすくすくと育つ頃。田植えの準備が始まります。

末候(十八候):牡丹華(ぼたんはなさく)
 「百花の王」と言われる牡丹が大きな花を咲かせる頃。
 “立てば芍薬座れば牡丹”です。

スポンサーサイト
[ 2017/04/20 08:29 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

桜の命は短くて・・・

春風の花を散らすと見る夢はさめても胸にさわぐなりけり(西行)

17歳も年上の待賢門院璋子に恋こがれ、想い叶わぬと知ると23歳で出家し、
璋子が亡くなるまで慕い続けた西行。

願はくは花の下にて春死なむ・・・璋子を桜に見立てこよなく愛でたのだろう。

春風はもう少し待って欲しい。

花野雨

花の雨やがて音たてそめにけり(成瀬櫻桃子)

花に降りそそぐ雨を「花の雨」という。
見方によっては風情があるが、花見にとっては邪魔な雨だ。
一昨日の夜から花見には生憎の雨である。
桜が咲くと、どうして雨が降るのだろう。

昨日は未明から濃い霧が発生し、高松港には停船勧告が出されるなど
交通機関に影響が出ている。

花曇

花曇り明日の天気を願ひつつ (熊谷みどり)

未明まで雨だったが、今日は「花曇り」、遠くがかすんでいる。
桜が咲く頃の天候は不順だ。

花七日」、開花から七日が経ち、満開を迎えた。
花時」、「花一時(はないっとき)」です。
花曇りで、花の命が延びてくれればいいのだが・・

花散らし」の風や雨は、折角の桜の花を台無しにしてしまう。
花七日の期間中だけは御免蒙りたい。
盛りを過ぎた頃の「花の風」は、「花吹雪」となり、水面を埋め尽くしゆっくりと流れゆく
花筏」の姿はうっとりするほど美しいものである。

短い命を、いかに美しく生ききるか・・いかに美しく見るか、
桜の命が長ければこんなことは考えないだろう。
短い命だからこそである。
人間って勝手だ。

[ 2017/04/09 08:37 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

四月八日

花御堂

今日は「山慰み」「祖霊祭り」「卯月八日」「花見八日」などといって
山の神が田へ降りてくるのを迎える祭りの日です。

「山慰み」は、一般に「春山入り」「山開き」などと言われ、山の神様を迎えに山に入ります。
山で花を摘んで持ち帰る、それが花見とされました。
持ち帰った花の一部は高い棹の先に花を結びつけて家の外に立てておきます。
それを「天道花」とか「高花」といいます。
地方によっては苗代の水口に立て「水口祭り」をします。
神が里に下りる際の依代なのですね。

そして、お花をもってお墓参りをします。
先祖供養をするのですね。

田に降りた神は、桜に宿ります。
丁度桜花爛漫の時節、昔は八日の日に豊作を祈り、桜の下で「花見」をしたのです。

「卯月八日に種まかず」、今日は、田畑に出て仕事をせずにお祭りをする日なのです。

現在では、四月八日と言えばお釈迦様の生まれた日を祝う「花祭り」として
よく知られています。
古くは「潅仏会(かんぶつえ)」「仏生会(ぶっしょうえ)」などと呼ばれていました。

お釈迦様が誕生した時、梵天と帝釈天の二人が受け止め、
お釈迦様に甘露水を注いで清めました。
その瞬間、お釈迦様右手を天に向け、左手を大地に向け、「天上天下唯我独尊
と言われたのです。
それを、潅仏会といって、花御堂の中に、生まれたばかりのお釈迦さまの仏像を置き、
さらに、産湯につかったとされる甘茶をかける法要が全国各地の寺院で行われます。
花祭りといわれるようになったのは近年です。

わらべらに天かがやきて花祭 (飯田蛇笏)

最近のお母さん方は,幼稚園や保育園で園児が甘茶を頂く日として,
初めて花祭りという行事を知った、という人も多いようです。

灌仏会は寺院の行事だけではないのです。
昔は山寺に詣ったり、山で花を摘みんだり、そのお花をお墓に生けたりして
先祖供養をすることが民間の灌仏会だったのです。

これら四月八日の行事・風習は習合しているのです。

[ 2017/04/08 07:56 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

清明(せいめい)

亀鶴公園

今日は、二十四節気の一つ「清明」です。
春分から早や15日が経った。

万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也(歴便覧)

「清浄明潔( しょうじょうめいけつ )」とは、
暖かくなり、空は青く澄み、爽やかな風が吹き、全てのものが清らかで
生き生きとする頃という意味です。
それを略したのですね。

♭みどりのそよ風 いい日だね ちょうちょもひらひら 豆のはな・・・
♭吹け そよそよ吹け 春風よ 吹け 春風吹け 柳の糸に・・・
♭さくら さくら やよいの空は 見わたす限り・・・


次の世代を担う新社会人には、生き生きと伸びやかな成長を祈りたい。

ご本家中国では清明節、日本のお盆のような日です。
お墓参りや散策を行います。
「掃墓節(そうぼせつ)」「踏青節(とうせいせつ)」とも呼ばれ、祝日です。

沖縄では「清明祭(シーミー)」といい、中国の風習と同様に、親戚縁者が揃って
お酒や料理などを持って墓参を行い、墓前で祖先と共に宴会をします。
皮肉にも今日は沖縄県が誕生した日でもある。
名実ともに清明となればと願うばかりである。

ひと日野に清明の気をほしいまま (仙石君子)

清明どおり、今日は全国的に穏やかに晴れて、春本番の陽気です。
端午の節供飾りにも最適な日です。

◆「七十二侯」◆

●初候(十三候):玄鳥至(げんちょういたる・つばめきたる)  
  玄鳥(つばめ)が繁殖のため、東南アジアからやって来る頃。
  玄鳥とはつばめの異称。
●次候(十四候):鴻雁北(こうがんきたす)(きたす=かえる)
  冬を日本で過ごした雁が北へ帰って行く頃。鴻雁とは渡り鳥のがん
●末候(十五候):虹始見(にじ はじめて あらわる)
  雨の後に虹が出始める頃。

[ 2017/04/04 10:29 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

四月・卯月(うづき)

ぬぎかへて衣に風吹く卯月かな(正岡子規)

今日は「四月一日」、これを「わたぬき」と読ます。
まず読めない名字だ。
冬の着物から綿を抜いた事に由来する。
衣更えには寒すぎる気候だ。

「四月馬鹿」である。
ウソをついても、人をだましても許される日である。
日本でも近隣諸国、いやアメリカでもウソが多すぎる。
国家から人間までウソをつく。
その根底は自己防衛本能だ。
本当の事が分からない、真実はお蔵入り。

今の状況を閻魔大王はどう見ているであろう。
どっちの舌を抜いたらいいのやら?

「エープリルフール」こんな日は止めるべきである。

4月、新しい年度が始まる節目の日である。
卒入学や就職、転勤などで慣れ親しんだ環境を離れ、
新たな一歩を踏み出す人は多いだろう。

高松ではまだ桜の開花宣言がないが上旬は桜前線が日本を駆け上がり、
花見を心待ちにしている人も多かろう。

待ちきれず今日、同級生とお宅花見をした。
友人が切ってきた山桜は暖房で一気に開花。
昔話にも花が咲いた楽しい人時だった。

山桜

四月の陰暦月名は卯月。陰暦十二ヵ月で花の名がついた唯一の月です。
卯の花が咲く月という意味で、卯花月(うのはなづき)とも言われます。

今月はお釈迦さまの誕生を祝う花祭り、潅仏会(かんぶつえ)、
二十四節気の清明、穀雨と続きます。
昭和天皇を思い出す昭和の日からは九連休。
ゴールデンウイークがスタートします。

3月が去り、早や1年の1/4が過ぎました。
29年度はウソのない心清らかな年度にしたいものです。

◆歳時記◆

1日 新年度・新会計年度 エイプリルフール
4日 清明(せいめい)
6日 全国交通安全運動
8日 潅仏会/花祭り
10日 四万十の日
16日 女子マラソンの日 
17日 春土用入り
20日 穀雨(こくう)
29日 昭和の日 ゴールデンウィーク始まる

[ 2017/04/01 20:22 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)