FC2ブログ










三密三伏

昨日のブログで「三伏」を書いた。
横浜に住む高校の同級生から「世の中コロナ禍と異常気象で三蜜の窮屈な毎日を送っています。家で伏せて、コロナに屈伏しないで、病に伏せない、の三伏を守っての生活をしています」とのメールがきた。
「伏」にはこうした見方もあるのだ。「三密三伏」、いい表現ではないか、勉強になった。

「三密」とは、元来空海が開いた真言宗の教えである。
コロナの三密は「密閉・密集・密接」であるが、仏教では「身密(しんみつ)・口密(くみつ)・意密(いみつ)」を指す。

「身密」の身はからだ、身勝手な行動、自分さえよければいいは慎め。
「口密」の口はくち、人の悪口は言わない、書き込むな。
「意密」の意はこころ、「心密」ともいう。情報に心を惑わされるな。

「三密加持」、正しい行い(身)、正しい言葉(口)、正しい心(意)を持てということである。
避けるべき密だけでなく、正すべき密はコロナ対策にも通じる教えである。

「三伏」という言葉は、ほとんど使われることが無くなった。
三伏の候・・・暑中お見舞い申し上げます
とお見舞いを書いて出した人は全国で何人いるだろう。
年賀状は書いても暑中見舞いを書く筆まめな人は殆どいない。今では数枚に減った。

老驥櫪(ろうきれき)に伏すとも志千里に在り (三国志曹操)
池冷水無三伏夏(池冷やかにして水に三伏の夏無し) (和漢朗詠集)


「伏す」とは、うつぶせになる、従う、服従するといった意味である。
「安倍政権にひれ伏す日本のメディア」という本も出された。
さる大統領が新型コロナウイルスについて「ひれ伏すより死んだ方がましだ」と発言して物議を醸しだした。
世界は新型コロナウィルスの猛威にひれ伏した感がしないわけではない。
しかし、人類は新型コロナにひれ伏すわけにはいかない。
緊急事態宣言、外出禁止令、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保等々は草臥(くたび)れる。
いつまでも続けるわけにもいけない。

昨日は新型コロナウイルスの感染者が全国で1200人を超えた。
東京250人、大阪221人、神奈川も70人、累計でも2284人と東京、大阪に次いで多い。
第2波到来。1日も早く「コロナもひれ伏す治療薬とワクチン」の実用化が待たれる。

彼には、仏のようにとは言わないが、今夏は、用心し、無理せずゆったりと心穏やかに過ごして欲しい。
夏休み、毎年楽しみに帰省していた埼玉にいる娘家族も当然帰らない。
人と人は、近くにいなくとも、大切な人とは心と心で繋がっている。誰もがコロナにかかって欲しくない。
自分と他者を守るためにも、今自分ができることを大切に、それぞれの密を心に留めて生活してゆきたいものです。

スポンサーサイト



[ 2020/07/30 05:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

逆折り逆さ傘

雨男らしき用意の梅雨の傘(三村純也)
うちひらく傘の匂や夏の雨(日野草城)
すぐ出せて五月雨傘でありしかな(稲畑汀子)


雨の季節、傘の花が咲き誇るシーズンでもあります。
会社の後輩が雨の中、訪ねてきた。

「あれ?その傘おもしろそうだね?」というと、彼は得意そうに「逆折り式の逆さ傘です」と実演してくれた。

従来の傘とは違い、反対方向に傘布をたたむので、水滴を周囲に飛ばすこと無く収納する構造になっている。
傘の骨を挟むように布地が付いており、内の部分は柄物、表面は黒で色が違っている。
ワンタッチで開き、閉じる時は従来の傘とは逆に閉じるのである。
濡れた面が内側になるので、自分も周りの人も濡れることがない。しかも立つのである。

混んだ電車では迷惑を掛けなくていいのではないか、車の乗り降りにも便利そうだ。
“おしゃれで機能的だね”というと、プレゼントしますと、頂いたのがこれである。
感謝感謝!!


折りたたみ傘1折りたたみ傘2折りたたみ傘3
折りたたみ傘4折りたたみ傘5



傘もたす辺の草や木や蝸牛(岩田昌寿)
蝸牛20
[ 2020/07/02 07:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

陽光桜開花する

心配していた、とうとうというべきか、やはりというべきか、香川県で新型コロナの感染者が出た。
神奈川県で初感染者が確認されて2か月で全都道府県に広まった。
昔の村社会と違いグローバルな移動性の高い社会と言うことだろう。
いつ終息するのか?まだ暫くかかるだろう。
高齢、既往症もある。自己防衛しかないが、最低限の買い物はしなきゃならない。
最も怖いのは通院、できるだけ濃厚接触をしない位置で待つしかないが、その時間が長いのが心配である。

陽光桜20

染井吉野、四国では宇和島が16日に開花した。高松は21日の予定である。
満開は30日である。このところの寒さで少し伸びたのかも知れない。
河津桜、涅槃桜、彼岸桜に次いで家の「陽光桜」が咲いた。5分咲きくらいだろうか!
寒緋桜が残されているので紅が強い。
高松では街路樹に植えられているがあまり好きな色ではない。
日本人は昔から桜の花が咲くのを心待ちにし、散るのを惜しんできた。

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし(在原業平:伊勢物語)

まさにこの歌どおりである。
今年の花見はどうなるか? 東京では7割の人がしたいとの調査もある。
新型コロナの影響で例年のように桜の木の下で宴会をすることか難しい。
歩きながら、車の中から、桜を買って家でなどと工夫するのだろう。
愛媛のように自粛を求めない地域もある。
桜もさまざまのことを思いながら咲いてゆく。

カラオケアンプ購入

最近は新曲と合わせて桜の歌を唄っている。練習はネットカラオケで行っている。
今まで古いアンプを使っていたのだが、難点はキーコントロール機能がないので歌えない曲があること。
女性の曲は原曲で歌えるが、男性の曲は2つ下げなのである。
そこで思い切ってキーコンができる「カラオケアンプ」を導入した。
音も良くなったし微妙な調整もできる。 これで溜まっていた曲も歌い、録音できる。

コロナ対策でどこのカラオケ喫茶も入口で手を消毒、マイクは使う都度除菌シートで拭くようになった。
対策はしても高齢者が多いこともあって行く人は激減している。
私もこれで危険度の高い場所に行くことを減らせる。
一人でいると一日中口を開かないこともある。
ボケ防止にために始めたのだが、免疫力UPにも効果あるらしい。
もっと早く導入すればよかった。
[ 2020/03/18 07:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

元日

                    嘉 辰 令 月

仏手柑元日

本年が皆様にとって良き年になりますよう
心よりお祈り申し上げます

人 一人ひとりには天の使命がある
残る天命 知・好・楽で生きたい

マウスイヤー 新しい芽がでるか?今年も早く駆けそうです
四季折々の風情 伝統の歳時を楽しみ 心を盛る
つたないブログですが頑張って続けます 
今年もご支援よろしくお願いいたします


人間よ驕るなかれ 人間至上主義は愚かである
豊かさ追及の開発から 自然と共生する開発へと転換せよ



                  令和2年 元日
[ 2020/01/01 07:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

四国巡礼29回結願~納経帳に触れる~

中川義博大兄には本当に頭が下がる。何ともありがたい方である。
私の病気治癒を祈願して再度四国巡礼を決意され既に4年が経過した。
今年は二十九人同人の巡礼、大窪寺で結願を終え、高野山奥の院にもお礼参りを済まされた。
納経帳を持参され、高野山のパフ、お土産のお菓子までも頂いた。

巡礼はあえて極寒・猛暑とする」をモットーとされている。
今年は統一地方選挙の支援もあって例年通りとはいかなかった。
その方も伴って昨日来られたのだ。

納経帳は2回目の巡礼から使用されており、28回の足跡、証が刻み込まれている。
今回も手にさせて頂いた。重みが増している、このずっしり感が証だ。
恐れ多いため頭上に掲げてから開く。「重ね印」で真っ赤である。
以前は白い所も散在されたがもはや殆どない。
1頁ずつ開いて八十八か所参り、罰があたりそうだ。

今回は未知との遭遇はなかったようだ。
豪雨にあって石段で滑って尻もちをつき、起き上がろうにも滑って苦労されたようだ。
事なきを得て一安心。

長時間、多義の分野に亘って高談となり、意義ある時間を持つことができた。
お二人に感謝・感謝である。
納経帳と写真集は暫くお貸しくださるという。じっくりと巡礼しよう。


001納経帳002納経帳
003納経帳004納経帳


[ 2019/11/26 06:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)