藤圭子~命日にあたって~

「この会場へくるまで宇多田ヒカルの“Automatic”を聞きながら来ました。今この曲の虜になっています。この曲が入っているファーストアルバム“First Love”はすでに700万枚も売れています。“だんご三兄弟”もぶっ飛びです。83年ニューヨーク生まれの16歳。もう天才じゃないかと思っています。安室ちゃんも今では色あせた感じです。彼女は“圭子の夢は夜ひらく”で一世を風靡した“藤圭子”の子供です。母親ゆずりのハスキーボイスなんですが、抜群のリズム感と歌唱力で本格的なリズム&ブルースを歌える歌手なんです。“Automatic”は現代のムード歌謡じゃないかと思っています。この”濡れ具合“が何ともいえない。今の歌手には無い魅力なんです。”“青江三奈”八代亜紀“とは違うのであります。」
と私の講演記録(1999(平成11)年)にメモってある。

転んでも起き上がる
迷ったら立ち止まる
そして問う あなたなら
こんな時どうする

私の心の中にあなたがいる
いつ如何なる時も
一人で歩いたつもりの道でも
始まりはあなただった
It’s a lonely road
But I’m not alone
そんな気分

調子に乗ってた時期もあると思います
人は皆生きてるんじゃなく生かされてる

目に見えるものだけを
信じてはいけないよ
人生の岐路に立つ標識は
在りゃせぬ

どんなことをして誰といても
この身はあなたと共にある
一人で歩まねばならぬ道でも
あなたの声が聞こえる
It’s a lonely road
You are every song
これは事実

私の心の中にあなたがいる
いつ如何なる時も
どこへ続くかまだ分からぬ道でも
きっとそこにあなたがいる
It’s a lonely road
But I’m not alone
そんな気分


自ら書き下ろした曲、「道」の歌詞である。
2010年に活動を休止し、昨年活動を開始した。
8年半振りに出したアルバム「Fantôme(ファントーム)」の1曲目に入っている。

「私」とは宇多田ヒカル本人。「あなた」とは母親、藤圭子であることは間違いなかろう。

藤圭子は2013年8月22日朝、東京のマンションから飛び降り自殺した。
宇多田ヒカルは“「母が長年の感情の苦しみから解放されたことを願う反面、
彼女の最後の行為は、あまりに悲しく、後悔の念が募るばかり」と述べた。

「私の心の中にあなたがいる いつ如何なる時も・・・」
母親の言動には翻弄され、何もできない自分に苛立ち悩み続けたであろう。
でも親子、自分の原点は母なのだ、そして自らも母親になった。
でなければこんな詩は書けない。

感動の一曲です。

スポンサーサイト
[ 2017/08/22 08:53 ] コラム | TB(0) | CM(0)

二つの朗報

日本人の、
2人に1人が“がん”になり、6人に1人が糖尿病かその予備軍と推計されている。
「国民病」と言われる所以だ。
糖尿病にかかるとがんのリスクが20%ほど高まる。
特に大腸がん、肝臓がん、膵臓がんのリスクが高いとされている。

そうした中、1滴の血液から13種類のがんの有無を同時に診断できる
検査法を国立がん研究センターなどのチームが開発した。

がんが血中に分泌する「マイクロRNA」と呼ばれる分泌量の変化を調べることで、
どのがんも95%程度の確率で発見できたという。
13種類は胃がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓(すいぞう)がん、
大腸がん、卵巣がん、前立腺がん、ぼうこうがん、乳がん、肉腫、神経膠腫。
ごく初期のがんも見つけられるのが特長という。

現在は腫瘍マーカー、エコー、CT,MRI、PETなどの画像診断、内視鏡や病理診断など
複数の検査を行っている。
体や費用面での負担も大きい。費用は2万円という。
早期発見、早期治療が可能な社会の実現も近い。

もう一つは、指を置くだけでたった5秒で血糖値を特殊なレーザーを測定できる
技術が開発されたことである。
量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所が18日、発表した。
現在の測定器は指に針を刺して採血する方法が一般的で、
痛みを感じるとともに感染症の危険も指摘されている。
採血せずに血糖値を測定できるのは何よりだ。
5年後の発売を目指すという。

香川はうどん県、うどんの消費量が全国断トツで多い。
その影響か糖尿病患者が多い。
両方の患者でもあり、高額療養費自己負担限度額を毎月支払っている。
8月から「44,400円」から「57,600円」に3割も上がった。
国民全員にかかわることなら、一挙に3割も上げることなどはしないであろう。
声が小さい所からは取る。1日の新聞にも出ないのである。

血液の関する研究開発が急速に進歩している。
健康寿命を伸ばし、医療費軽減に喜ばしいことである。
[ 2017/08/21 09:42 ] コラム | TB(0) | CM(0)

二八

“そば”のことではない。
二八(ニッパチ)、商売の世界のことである。
昔から2月は寒さで、8月は猛暑で多くの業界で売れ行きが落ち込むとされている。
この消費の「谷間」に各業界では知恵を絞っている。

二の丑

今日は土用二の丑の日、うなぎ屋、スーパーなどは有難いだろう。

西日本では猛暑、飲料や涼菓、フルーツなど「涼」を感じる商品が人気だ。

コンビニ各社は「夏の恵方巻き」を売り出した。
節分は2月だけじゃないぞ、今日は立秋前日の節分ということだ。
夏はスタミナをつけようとの掛け声のもと、牛肉を巻いた恵方巻きを用意したという。
はたして消費者に受け入れるだろうか?
功を奏すると、年4回も恵方巻きが出現する。

コンビニや飲食店などでは、夏に食欲が高まる「激辛」の新メニューを投入。
デパートでは「夏おせち」を投入したり、猛暑日には割引サービス、クールな
粗品進呈を行っている。ランドセル売り場も賑わっている。

猛暑に嬉しい悲鳴をあげているのがビール業界。
年々売れ行きが低下しているだけに熱を帯びている。

「お盆玉」と言うのをご存じだろうか!
お盆に帰省した子供や孫、親戚の子どもにお小遣いを渡すための「お盆玉袋」である。
2014年から全国の郵便局で発売されるようになり広まったものである。

デパートや大型ショッピングセンターでは、夏休みの「クールシェア」も合わせ来る
子供や孫連れを狙っておもちゃ、本、文具売り場が賑わっている。
可愛い孫のためにジジババの財布を緩めようとの狙いだ。
台風が来ると言うのに孫に呼び出され、本とランチをねだられた。
孫には弱い、のこのこと出かけたのだ。

二八を乗り切るため、これからも色々な仕掛けやアイディアが出てくるのだろう。
突破口はあるものだ。要は知恵の勝負だ。

[ 2017/08/06 15:07 ] コラム | TB(0) | CM(0)

7月終わる

夏越

今日で7月が終わる。
兎に角「猛烈に暑い」月だった。

真夏日が22日、内33・34度が14日もあった。
猛暑日が7日、夏日が2日という状態。異常である。

昨日は帰省している孫と大型SCへ行った。
屋内駐車場には止められず、炎天下Pそれもようやくだ。物凄い人だ。
日曜日、夏休み、5%引きもあろうが、「クールシェア」も一役かっているようだ。

日本列島すべからく猛暑。
涼しいと言われる北海道でも7月は5日間も猛暑日を観測した。
大分日田市では、今夏全国で最も高い38.3度を記録した。

一方、福岡・大分両県を中心とする九州北部豪雨。
島根・愛知・岐阜・秋田県でも記録的な豪雨を観測した。
被害は日々膨らみ、いまだ全容が見えないところもある。
台風も多発している。5号の進路も心配だ。

東北、熊本地震も含め、やむを得ず避難所暮らしをしておられる方々は多い。
猛暑に疲れと不安を抱えながら、過ごしておられる方々に1日も早く、元通りの平穏な
日々が戻ってくることを祈らずにはいられない。

30日、日田市では、豪雨災害で被害を受けた田んぼに、復興への願いを込め、
1万個のヒマワリの種がまかれた。

白鳥神社では「夏越祭」本殿前にて午後4時から茅の輪くぐり。
夜は花火大会が開催される。
明日から8月、夏のピークまだまだ続く。

何も起こらない、平凡な一日の中にこそ、幸せが存在することを、改めて感じます。

ゲリラ豪雨、台風、地震といった災害が頻発する日本。
災害の前兆を予測して防災につなげる研究開発、技術開発を加速すべきである。
「防災先進国」としての役割でもある。

[ 2017/07/31 10:34 ] コラム | TB(0) | CM(0)

丁寧とは真実を語ること

今日7月19日から土用に入る。明けるのは8月6日である。
土用の期間に入ると、抱えている問題は解決しないといわれている
土用に入る前に方向性を決め、解決しておくべし。
どうも今の政権はこの「土用心得」を知らないようだ。

安倍総理大臣は、「閉会、開会にかかわらず分かりやすく丁寧に説明していきたい
と言いながら説明責任を果たさず逃げ回った。
都議選の前までに説明すべきだった。
それをせずに二転三転。支持率激減、都議選惨敗、世論の批判もあって、
しぶしぶ閉会中審査の開催に応じることとなった。

土用の中、来月3日に内閣改造を予定している。
適材適所の配置を行う」「来月早々に人心を一新する」と強調した。
第1次内閣の時と同じ文句だ。
あの時も「論功行賞内閣」とか「お友達内閣」などと揶揄された。
反省もなく、また同じ轍を踏んでいる。

奇しくも今日は「女性大臣の日」、今まで何人もの女性大臣が辞任した。
THISプラスA 敗因」、Iは起因となった女性大臣なのだ。
早くけじめをつけるべきだった。

適材適所」、適材とは材に適した所につけることだが、大臣なのだ。
所に相応しい材をつけるべきではないのか

また、「人心」とは“人間の心、民の心”である。
一新」とは“全てが新しくなること、すべてを新しくすること”である。
総理のいう「人心一新」とは閣僚や自民党役員を入れ替えるという意味である。
本来の意味を知らないか、勘違いしているのではないだろうか。
プラスAとはあなたの事、一新にはあなたも入っているのです。

また「人心」には“私欲に覆われた心”という意味もある。
総理はどうも「そば」が好きなようである。
森(もり)も加計(かけ)も“そば”、大臣も側(そば)にいる人を登用する。
どこかの大統領も「ファミリー」が好きそうであるが・・。

その中、二人の四国選出の議員から苦言が呈された。
しかも自民党の重鎮なのだ。
一人は村上誠一郎・元行革担当相。
「総理の人事は、お友達か、同じ思想を持っている人か、イエスマンかの3パターンだ」
と述べ、「考えの違う人、距離がある人を入れなければならない」と強調した。
村上氏は加計学園獣医学部の新設が予定されている今治出身である。

もう一人は、高知選出の中谷元・前防衛相。
「首相に近い人、側近の偏重人事は避けるべき、「か」家内のいうこと、「き」厳しい意見、
「く」苦情、「け」見識の異なる人、「こ」こんな人たち、を心得よ」と語った。

組閣に目が向いているが、「人臣」で目先を変えるのが先ではなく、
説明責任を果たすことである。
「そば」は伸びれば伸びるほどまずくなるのだ。

24日にも開催する方向で協議を進めているようだが、与野党の質問時間配分
をめぐり揉めている。
問題の本質はそんな駆け引きではなく、国民が求めているのは真実なのである。
“わかりやすく丁寧に説明する”とは”本当のこと、真実を語る”ことである。

国民は味覚に敏感です。
不味いと感じた時点で民の心は完全に離れます。

「政とは汚れの中に真を見出すこと」なのである。
[ 2017/07/19 06:52 ] コラム | TB(0) | CM(0)