昭和の歌

昨日は「昭和の日」、昭和生まれは76%と多くを占めている。私もそうだ。
大正生まれは既に3%、平成生まれは21%、10~15年後には逆転するかも。
そこで今日は昭和を懐かしむ歌を「歌ネット」から探してみた。
私のベスト3は、「昭和えれじい」「昭和ブルース」「昭和枯れすすき」である。


昭和ブルース (歌:天知茂 作詞:山上路夫 /作曲:佐藤勝)
♭うまれた時が 悪いのか それとも俺が 悪いのか ・・
昭和ブルース

昭和の歌よ (歌:小金沢昇司 作詞:松崎もりき /作曲:小金沢昇司)
♭あの頃聞いた 流行の歌が 今でも 聞こえる・・

俺の昭和が遠くなる  (歌:新沼謙治 作詞:掛橋わこう /作曲:幸斉たけし)
♭・・輝いた 優しい時代が あったね…と 俺の昭和が 遠くなる・・

昭和ノスタルジー  (歌:氷川きよし 作詞:仁井谷俊也 /作曲:四方章人)
♭・・学校が終われば 駄菓子屋へ チャンバラごっこも 懐かしい・・

昭和えれじい (歌:ちあきなおみ 作詞:吉田旺 /作曲:船村徹)
♭憂き世しぐれの 冷たさに 生きているさえ つらい夜は・・
昭和えれじい

昭和シャンソン (歌:すぎもとまさと 作詞:ちあき哲也 /作曲:杉本眞人)
♭あなたのお頭も銀色・雨 渋くてかえって素敵 昔のままの・・

昭和たずねびと  (歌:石原裕次郎 作詞:杉紀彦 /作曲:三木たかし)
♭あゝ あいつ昭和のたずねびと 男と酒場の つきあいは・・

昭和やったね  (歌:福山雅治 作詞/作曲:福山雅治)
♭・・暮らしは楽じゃなかった 昭和やったね 雨の日 風の日も・・

昭和の花  (歌:小金沢昇司 作詞:田久保真見 /作曲:徳久広司)
♭夢にはぐれた 時代の川を 命つないで 一緒に流された・・

昭和最後の秋のこと  (歌:神野美伽 作詞:阿久悠 /作曲:浜圭介)
♭・・昭和最後の秋のこと 雨にうたれる彼岸花 震える愛が 震える愛が・・

あの日の昭和がここにある  (歌:八代亜紀 作詞:鳥井実 /作曲:大谷明裕)
♭・・いい時代のいい青春だった あの日の昭和がここにある 古い酒場に・・

昭和  (歌:谷村新司 作詞/作曲:谷村新司)
♭・・嗚呼 儚き春よ 昭和の夢 嗚呼 儚き春よ 昭和の夢・・

昭和枯れすすき (歌:さくらと一郎 作詞:山田孝雄 /作曲:むつひろし)
♭貧しさに負けた いえ 世間に負けた この街も追われた・・
昭和枯れすすき

昭和浪漫~第二章~  (歌:大川栄策 作詞/作曲:オオガタミヅオ)
♭・・夕焼けこやけの道を 歌って帰った昭和は風の中 裸電球点した・・

昭和の歌など聴きながら  (歌:八代亜紀 作詞:荒木とよひさ /作曲:徳久広司)
♭・・今年の彼岸は 帰ります 会いたいね 飲みたいね 昭和の歌など・・

昭和流れうた  (歌:森進一 作詞:いではく /作曲:遠藤実)
♭昭和流れうた 心にしみる 酒に酔う時 あなたがうかぶ・・

昭和よさらば  (歌:田端義夫 作詞:星野哲郎 /作曲:船村徹)
♭・・遠ざかる 昭和よさらば ありがとう みんなの中の一人だと 思えた頃の 懐か・・

昭和夢つばめ  (歌:石川さゆり 作詞:荒木とよひさ /作曲:市川昭介)
♭・・昭和 昭和二桁 夢つばめ あなたの うしろを ついてゆく たとえ 幸福 遠くても・・

昭和情け川  (歌:角川博 作詞:荒木とよひさ /作曲:弦哲也)
♭・・昭和も遠くに なりました 泣いて笑って 笑って泣いて・・
スポンサーサイト
[ 2017/04/30 05:11 ] 記念日 | TB(0) | CM(0)

久々の同期会

一昨日は同期入社の懇親会に2年半振りに参加した。

病気の影響で皆とは久しぶりの再会であった。
昭和44年入社から「獅子の会」と名を付け、年に2回開催されている。

メンバーは高専卒以上で、現在32名。
主に四国在住であるが、それぞれ都合もあって、今回の参加者は14名であった。

昼の部はゴルフである。
ゴルフは30年間やったが、早期退職後は両親介護のため、クラブを置いたので欠席だ。

皆、病気のことを大変心配してくれ、口々に「お久し振り、どうなの?」と聞いてくる。
司会者の口切、乾杯の後、暫くして、近況について報告の場がある。

私は2番手。
発病発見から治療、寛解に至る経緯や近況、今後のことなどを話したが、
病気に対しての質問も多く、5分の予定をはるかにオーバー、迷惑をおかけした。

この年になると、病気や医療費、年金の話が多くなる。
次いで孫のこと、趣味の順だ。

病気のことはさておいて、
Iさんは郷土史研究、U君は山登り、
T君は関係会社社長退任後、ご夫婦で海外旅行三昧。
A君は、多種の果樹栽培、皆から次回には持って来いよ!との意見が、
I君は調停委員を終えたがさらに依頼、S君は会議所会頭でまだ多忙らしい。
N君やH君は趣味とボランティアにと皆多彩だ。
T君は社及び経済連合会の会長、暫くは現役で活躍してもらわなくてはならない。

欠席のK君は介護・ボランティア、I君は旅行、U・S・F君は孫の世話、
S君は病気、他の方はやんごとなき所要のためだった。

人生も第三コーナーを過ぎ、直線コースに入った。
人生には定年がない。
一日一生、健康寿命を長く保つためにも、食事と運動には気を付けましょう。

次回は11月、幹事のD・T両君にはご苦労ですが、引き続きよろしく。
[ 2017/04/29 09:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

知足心自平

知足 指名落款
  
特徴のある素晴らしい書体です。

出典は良寛上人の詩集「方外君莫羨」である。

方外君莫羨  方外(僧侶のこと)を君羨むこと莫れ
知足心自平  足るを知らば心自から平かなり
誰知青山裡  誰か知らん青山の裡に(青山裡とは悟りすました僧侶の心の中)
不有虎与狼  虎と狼と有らざらんや(虎与狼とは人間の欲のこと)


「僧侶になれば欲望が無くなるわけではない、悟りすましたように見える僧侶の心の内にも、
欲望の煩悩は有る。大切なのは足るを知ることで、知足ならば心は自から平静になる」
という意味である。

禅には「少欲知足(しょうよくちそく)」という言葉があります。
「欲を少なくして足るを知る」という意味です。

中国の諺には「知足常楽 能忍自安」という言葉があるようです。
「足るを知れば常に楽しく、よく忍べば自ら安らぐ」と読みます。
不満不足は欲から生じるもの、現状に満足すれば楽しく暮らせる。
不足を辛抱忍耐すれば平穏な生き方ができる。
ということです。

人間は衣食住、全てにおいて好いものを求め欲しがります。
自分より好い生活やいい物を持っていると羨む。
人間の欲には限りがありません。

欲望を追い続ける限り、結局、人は幸せにならないのですね。


この書は高野山真言宗総本山 金剛峯寺 第408代座主、同別格本山 持明院住職、
故竹内崇峯(すうほう)大僧正猊下の肉筆である。
勿論、前出中川義博大兄の所有物である。

第406代座主は、三幅で紹介した森寛紹猊下、その二代後の座主である。
森寛紹猊下が金剛峯寺の座主だった時、竹内猊下は大僧正として
「寺務検校執行法印」を務めていた。
法印とは弘法大師の身代わりとなって山内行事の導師を務める、という
高野山内だけに関する宗教上の象徴的な重職です。

平成2年11月15日、第408代座主に就任、平成6年11月14日までの4年間座主を務めた。
竹内崇峯猊下と言えは、高野山奥の院浄域にお釈迦様のご遺骨(佛舎利)をお祀りした
「佛舎利宝塔」を建立されたことで世に知られている。

中川大兄は懇意だった故蓮生善隆氏(真言宗善通寺派前管長)から紹介を受けている。
蓮生氏と竹内猊下は高野山大学で同級生の好であった。
こうしたことから中川大兄と竹内猊下との間には長いお付き合いがあった。

この書は座主を退任された後、記念として竹内猊下から賜ったものである。
だから作者名には前管長と、落款白文印にもそう記されている。

それにしても大兄の世に知れた賢人との知遇、その多さは感服の至りであります。

「知足」いい言葉です。
座右の銘の一つに加えました。
[ 2017/04/26 05:37 ] 作品 | TB(0) | CM(0)

八重桜”満開”

八重桜満開

八重桜日輪すこしあつきかな(山口誓子)

16日に開花した八重桜が満開になった。
春もすでに晩春、夏日となる日もある昨今、
花に注ぐ光も眩しくなってきた。
間もなく落ちる。

八重アップ



咲くときも白山吹のひそかなる( 稲畑汀子)

白山吹

白山吹も、小枝の先に白い4弁花を可憐に咲かせています。
秋に果実は黒く熟します。
古くから庭にある。今では主だ。

山吹色の花が咲く山吹とは全くの別種です。
山吹にも白色がありますが、花弁が5枚なので区別がつきます。

[ 2017/04/25 15:49 ] 草木 | TB(0) | CM(0)

あっと驚くことばかり

福岡から浦和に移ったが孫が小学校に入って2週間が経った。
もう学校には慣れただろうか? 友達はできただろうか?

ベトナム人小学生殺害は何と保護者会会長だった。
登下校の安全を見守る人が、立場を利用して通学路で声をかけ連れ去り、
犯行に及んだのである。
もはや治安の良い日本とは言えない。

朝の散歩でも私から“お早う”と挨拶しても不審そうな目で無視される。
方や別の学校の小学生は向うから先に“お早うございます”と挨拶してくる。
学校の教育方針の違いなのだろう。
前者のような学校が益々増えるのではないかと危惧する。
こういう社会にしてしまったのは大人である。

昔は家族・仲間・近隣など地域社会は有機的に連携・融合していた。
悪いことをすれば、よその叔父さんから叱られたりしたものだ。
ゲマインシャフト的な良き社会は消え失せてしまった。

小学校へ通う孫は4人となった。
今度会えば聞いてみようと思う。



21日の日刊SPA!の記事に驚いた。

子供の朝食に「3日連続でドーナツ」?

“トンデモ朝ごはん”と思うのだが、今どき母親達はどこがおかしいの?だそうだ。
朝と言えば「ごはん+みそ汁+サケ」や「トースト+目玉焼き+ベーコン」
などがメインそれはもはや昔のこと・・・?

菓子パンは当り前、海苔巻きせんべい、焼き鳥、キャラクターミニインスタントラーメン・・
なんかもある。 開いた口が塞がらない。

共働きで時間がない、子供が好きな物を食べさす、なにも食べないよりかはマシ。
ファーストフードでもファミレスでも、モーニングでパンケーキ有るやん。
パンケージもドーナツも同じレベルだよ、トーストにジャム塗るじゃない。
カフェは早朝から開き、ドーナツやとマフィンとコーヒーが朝食って結構伝統だよ。
子供は少食、朝から沢山食べないので、菓子パンやドーナツだと喜んで食べてくれます。
学校給食でちゃんと栄養を考えてくれてるからいいの・・・
なのだそうです。

ドーナツはおやつであってご飯ではない!!
まさか、娘達はこんなことはやっていないと思うが・・
今度聞いてみよう。
[ 2017/04/24 08:35 ] コラム | TB(0) | CM(0)