FC2ブログ










筍(たけのこ)

筍 水野20

掘りたてといふ筍の甘さかな (稲畑廣太郎)
たらの芽や天に哄笑ありにけり (岡井省二)


今年も同級生から“掘ってきたぞ”と持ってきてくれた。
たらの芽」も添えられている。
彼の家は山の上にあり、自家菜園もしているから、四季折々に旬の野菜をいただく。
孟宗竹の筍は今が最も美味しい。

筍は朝掘り、即下処理が原則。 だから京都の料亭では店に隣接して竹林がある。
小さい筍は刺身用、さっと湯通しすればいい。ワサビ醤油でいただく。
大きいのは湯掻くが掘りたては皮を全て剥いで水から湯掻く。ヌカなんか必要はない。

楤(たら)は山野に自生するウコギ科の落葉低木で、鋭い棘がある。
春先、新芽を摘んで食用にする。
たらの芽は先端から出た1番芽と、その脇から伸びた2番芽までを食用とする。
長い専用の棹で採取するのであるが、少々コツがいる。採った瞬間からアクが出るため、
出来るだけ早く調理をするのが望ましい。

筍とたらの芽、ときたら「天ぷら」が最適だ。
卓上でバッター液につけ、揚げながら食べました。
春は何と言っても山菜、ほのかな苦み、もっちりした食感が何とも美味である。

飽食の今にありけり木の芽和(小島健)

山椒の若葉も若草色の美しい葉を広げ、丁度使い時である。
明日は「木の芽和」としますか。「若竹煮」も忘れてはならじ。


山椒18年
スポンサーサイト



[ 2020/04/09 07:28 ] 食材 | TB(0) | CM(2)

花祭(はなまつり)

4.7スーパームーン

昨夜の月、スーパームーンです。
実際は、日本時間の今日8日の午前3時9分ごろに月が地球に約35万7000kmの距離まで最接近し、
午前11時35分に頃に満月を迎える。昼なので昨夜撮影したのです。

お御堂18年

おしろひの 剥げたる稚児も 花まつり(百合山羽公)
わらべらに 天かがやきて 花祭(飯田蛇笏)
子どもらも頭に浴びる甘茶かな(小林一茶)


今日8日はお釈迦さまの誕生日。それを祝うため全国のお寺では「花祭」が催される。
昨日は、新型コロナの急速な感染拡大に対応し「緊急事態宣言」がされた。
花祭は、幼稚園行事にもなっているが、今年は中止ないし延期するところも多いだろう。
正式には「灌仏会(かんぶつえ)」という。「浴仏会(よくぶつえ)」、「仏生会(ぶっしょうえ)」、
「竜華会(りゅうげえ)」などの別名もある。花祭と呼ぶようになったのは明治になってから。

花祭は、本堂内に野山の花で一杯に飾った「花御堂」という小さなお厨子を置く。
そしてお釈迦様の誕生時の姿の立像をその中央の水盆に安置し、参拝者は小さな竹の柄杓でお像の上から
甘茶あるいは五種の香水を注いでお参りをする。関西では月遅れの5月8日に行われる。

誕生仏のお姿は、お釈迦様の母親が臨月せまった時、周囲に美しく咲き誇る花々を見て、花を手折ろうとして
右腕を上げたそうだ。すると、母親の右脇からお釈迦様が産まれ落ちて、直ぐに立ち上がって、次に右手で天を
指さし、左手で地を指さして「天上天下唯我独尊」と発した。その姿を表している。
花御堂のお飾りもこの伝説に由来している。

甘茶をお釈迦様にお掛けするのは、生まれたばかりのお釈迦様に九竜が天から清浄の水を注ぎ、産湯を使わ
せたという伝説に由来している。
お寺で施された甘茶は無病息災の御利益がある飲み物で、虫除けの力もあるとされている。
元来は浄土宗の寺院のみが行っていたが、最近は各宗派でもやられている。
最も盛んなのは京都。子供たちが甘茶を注ぐ風景は微笑ましいものです。




[ 2020/04/08 08:43 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

「お家花見」の一助に

●公渕森林公園(きんぶちしんりんこうえん)総面積 93ha
公渕公園20-1
公渕公園20-2
公渕公園20-3
公渕公園20-4
公渕公園20-5
公渕公園20-6

●特別名勝栗林公園
栗林公園20-1
栗林公園20-2
栗林公園20-3
栗林公園20-4
栗林公園20-5
栗林公園20-6
[ 2020/04/07 19:54 ] 地域のたより | TB(0) | CM(0)

春の海

タダノソメイヨシノ20

暖かに心にたゝみ聞く言葉 (星野立子)

昨日は「暖かいですね」、今朝は「寒いですね」の挨拶。
清明も過ぎたので「三寒四温」というのは適切ではないが、春の暖かい空気と冬の冷たい空気のせめぎ合い
が続く不安定な昨今の天気です。
空も薄く刷いたような春の雲も見かけるようになったが、発達した雲がかかり風雨強まる時もある。
春疾風まではいかないまでも、このところ風が強い日が多い。

三本松大橋から春の海を20

春の海 終日(ひねもす)のたり のたりかな(与謝蕪村)
寄せる音ばかりが聞こえ春の海 (寺畠とし博)


クレーンの(株)タダノ三本松試験場の桜並木を抜けると海に出る。
春の海」というと、穏やかでたゆたっているようなそんなイメージがある。
昨日の海だが、風が強く「ひねもすのたりのたり」とはいいがかった。

春濤の高きうねりを羨望す (飯島晴子)

春濤(しゅんとう)」とは春の穏やかな波を指すが、やや「」だ。
「濤」はといえば、「度を越す」「行き過ぎる」という意味。
今注目の「オーバーシュート」もそうである。
新型コロナウイルスの爆発的患者急増収まりそうもない。
春の風物詩、「潮干狩」「磯遊」まで規制されるのであろうか?まさか

カモメ舞う

かもめ群れ早春の海光あり (加藤克)

「春の海」といえば、日本の箏曲家であり作曲家の宮城道雄が作曲した箏曲が代表だ。
瀬戸内海を旅行した折に、花が咲さき乱みだれる島々の情景を思い浮かべて、この曲をつくったと言われている。
子供の頃よく聞かされた曲である。
カモメが海風に身をまかせながら浮遊する姿もまた春の海である。

今日から15日までの10日間、「春の全国交通安全運動」が実施されます。
交通ルールを守り、安全運転に徹しましょう。

[ 2020/04/06 07:40 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

桜餅(さくらもち)

桜餅18年の写真

とりわくる ときの香もこそ 桜餅(久保田万太郎)
道明寺 なればいただく 桜餅(今橋眞理子)


春の和菓子といえば、やっぱり「桜餅」である。
桜を愛する日本人にとって爽やかな桜の香りを醸し出すピンクの「桜餅」は特別なお菓子である。
子供の頃から慣れ親しんできたせいもあろう。鶯餅、ぼた餅も美味しいがやはり桜餅が一番だ。
勿論、道明寺でつくる桜餅である。 東京で桜餅に出会った時は、これ桜餅? 
同じ桜餅でも関東と関西の2種類あるのには驚いたものだ。
食べ比べてみたがやはり食べ慣れた馴染みのものが口に合う。
関東は小麦粉と白玉粉の生地をクレープ状に薄焼きにし、餡を包み、桜葉を包んだお餅である。

「長命寺」が誕生したのは享保2(1717)年、江戸向島の長命寺の門番山本新六が隅田川の土手の桜の葉を
塩漬けにし、その葉を使って桜餅を作ったのが最初とされる。だから「長命寺」と呼ばれている。
「新六」と言えば、梅酒蔵元「蝶矢」の”底たまり梅酒”を思い浮かべる。
“蝶矢”の宗家の愛称「新六さん」にちなんで名付けられたのだ。
いやいや本家は俺だ!!(わかる人にはわかる)

「道明寺」は江戸で人気を博した長命寺の人気にあやかって、江戸後期、天保年間(1830年~1844年)に誕生した。
「道明寺粉」が大阪で発祥したこともあり、それを生地に使っているのだ。

桜餅 葉ごと食うべぬ 淡路女忌(阿部みどり女)

桜葉はどちらも、香りが強く、柔らかくて毛の少ない伊豆の松崎産の「大島桜」の葉を用いている。
道明寺はもち米が原料であるからつぶつぶで粘りがある。葉にもよくくっついているので葉っぱと一緒に食べる。
最近は外して食べる人も多くなったが、一緒に食べて欲しい。
関東の方にも道明寺の桜餅を食べて欲しい。病みつきになること間違いなしです。

[ 2020/04/05 07:20 ] 食文化 | TB(0) | CM(0)